Image by: FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN

Art知ったか脱却メタバース入門

【知ったか脱却メタバース入門】〜第3話〜どうしてデジタル上でしか確認できないアイテムをお金を出して購入するの?

 突如話題になった「NFT」について、今さら聞けない基本知識からファッションの親和性までをわかりやすくお届けした連載「知ったか脱却NFT入門」。今回FASHIONSNAPでは、スピンオフ企画として近年注目を集めている「メタバース」にフォーカスを当てた「知ったか脱却メタバース入門」を全5回に分けてお届け。前回から引き続きナビゲーターに弁護士でクリエイティブ・コモンズ・ジャパンの理事を務める永井幸輔さんと、メタバース用のNFTを製作しているメケゾー(mekezzo)さんを迎え、メタバースの気になるあれこれを聞いてみました。第3回となる今回は「どうして実体を持たないデジタルアイテムを購入するの?」という素朴な疑問をお二人にぶつけました。

永井幸輔 (Nagai Kosuke)
弁護士、株式会社メルカリNFT事業開発マネージャー、特定非営利活動法人コモンスフィア(Creative Commons Japan)理事、学習院女子大学大学院講師

1981年、北海道生まれ。美術・演劇・ファッション・出版・映画・音楽などの文化芸術とインターネットの交錯する領域を中心に、クリエイティブに関わる人々への法務アドバイスを広く提供している。執筆・編集に「ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する」、「自分ごとの著作権。」、「デザイナーのための著作権と法律講座」などがある。

mekezzo(メケゾー)

NFTのアートフェス「クリプトアートフェス」の主催や、きゃりーぱみゅぱみゅとのコラボが話題になったメタバース用アバターNFT「メタアニ(metaani)」などを手掛ける。2018年秋からブロックチェーンを利用したバーチャルグッズの販売所「conata」を開発した。

Image by FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN
Image by: FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN
— ADの後に記事が続きます —

前回までの「知ったか脱却メタバース入門」
【知ったか脱却メタバース入門】〜第2話〜「オープンメタバース」と「クローズドメタバース」ってよく聞くけどどう違うの?

icon

どうしてもバーチャル世界にまだまだ馴染みのないので、「デジタル上でしか存在しないとなると、所有している感がない」「実際に手に触ることもできないメタバース空間にあるデジタルアイテムをどうして購入するんだろう?」と思ってしまいます。

価値の源泉はどこにあるんでしょうか?

icon

おそらく、今の時代は物理品で持つよりも、デジタル所持するほうが一般的な価値観だったりするんじゃないでしょうか。

icon

アプリゲーム内におけるガチャとかはまさにですよね。「商品」とする対象がデジタルなのか、リアルなのかという境目は年々薄まっているなと感じます。

icon

何が言いたいのかと言うと「どのように使えるモノなのか」というユーティリティが重要で、それはデジタルでもフィジカルでも変わらないですよね。

しかも「実際に手触りがあるものでなければならない」という垣根もどんどん無くなってきているのかなと思います。

例えば「ファッション」と一口にいっても、服を着ることだけがファッションではないですよね。コミュニケーションをする上で、SNSでどのように自己表現をするのか、ということも広く「ファッション」の役割だと思います。

icon

たしかに、アプリゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」でゲットしたレアなキャラクターやアイテムをSNSでシェアするのも、ある種のファッションだと言えそうです。

icon

ちなみに「実際に触れることができないのでは?」という話でいうと、ハンドグローブみたいなものは存在していて。デジタル空間上でも、触覚を手に入れることができます。

では「何を買っているのですか?」と聞かれれば、それは「体験」としか言いようがない。

icon

という話はしつつも、NFTという規格を持ち込むことである程度「それを所有する価値」の保証になってくれるんですよね。

例えば、メタバース上で大学を卒業したとします。卒業証書をもらったとしても"本物である"という証明がなければ、それはただの紙切れになってしまう。

icon

ちなみに「ディセントラランド(Decentraland)」というメタバース空間はデジタル上の土地がNFTだったりします。

icon

NFTは、デジタルをより現実に近付ける架け橋のような役割、という話に落ち着くのかな。

icon

NFTという規格があるメタバース空間というのは、誰がレアスニーカーを所有しているのかがひと目で分かる、みたいなことなのでしょうか。

icon

そうですね。レアスニーカーを見極めるためのわかりやすい判断材料になる、という感じです。

icon

その物の正当性というか「同じ様に見えていても実は違うものなんですよ」というのを表現する手段としてNFTはおもしろいのかな、と。

例えば、いまお見せしている僕のバーチャル空間上にある部屋に置いてあるNFTアイテムの総額はおそらく数百万円くらいするんですが、どうせ置くなら「この部屋に置いてあるものは全て本物です」ということが担保されているものを置きたくなりませんか?

mekezzoさんのバーチャル空間上のお部屋
mekezzoさんのバーチャル空間上のお部屋
icon

自分の部屋に人を招いた時に、"それ”が本物である場合は「え、これ本物じゃん!やばいね」という会話が成立しますが、NFTやブロックチェーンを用いて"それ"の正当性が証明されなければ、なかなかそういう会話にはならないですよね。

わかりやすい わかりやすく 簡単 NFT 解説 絵でわかる

よく聞く「ブロックチェーン」とは何かをおさらい!
【連載:知ったか脱却NFT入門】〜第1話〜ファッション業界にもNFTの波?NFTって結局なんなんだ?

icon

没入感のあるメタバース空間にNFTを持ち込むことでより「本物を持っている」という感覚がより強まる……。現実とデジタル世界の境界線が曖昧になったとでも言えばいいんでしょうか。

icon

その感覚に近いと思います。

アバターを使用することでヴィジュアル的にも理解をしやすいですし、理解度や解像度を高めるためにVR空間やデジタルを使っているのではないでしょうか。

icon

所謂「ユーザーエクスペリエンス(一つの製品やサービスを通じて得られる体験)」が向上したのかな、と。

icon

「没入感」というワードが出たので、VRゴーグルの話をすると、やっぱりVRゴーグルを付けてメタバース空間上で誰かとおしゃべりすると、感覚的には現実世界となんら遜色がありません。

僕はメタバースやバーチャルが解決することは「移動」という手段や概念だと思っていて。例えば、アメリカに住んでいる友達の部屋に遊びに行くことができるし、なにか理由があって学校などに行けない子には、臨場感のある学校生活を提供することができるんじゃないかな、と。

icon

自分の分身であるアバターがある分、「通話」ではなく「集っている」という感覚が生まれるんですね。

icon

おそらくテレビ電話で話している今は、画面上を通して僕の部屋を「見ている」という感覚が強いと思いますが、一度でも僕の部屋に"来た"ことがあれば、この部屋は「見ている」から「行ったことがある」になると思います。

icon

とても初歩的な質問なのですが、mekezzoさんの家に遊びに行くためにはどうすればいいんでしょうか?アバターとかももちろん持っていないですし……。

icon

極論を言えば、パソコンにURLを打ち込むだけでいいんです。アバターは「初期アバター」みたいなもので入室することもできます。ただ、初期アバターだと「自分の分身感」が薄れるとは思います。

それと先程話したように、VRゴーグルなどを装着せずにメタバース空間に遊びに行っても没入感を得ることは難しく、僕の部屋に遊びに来たとしても「テレビカメラで行われているお部屋ツアーを見ている」という感覚になるかもしれません(笑)。

続きを読む
【知ったか脱却メタバース】〜第4話〜日本初の「メタバースNFT」って何?

連載を1話目から読む
【知ったか脱却メタバース入門】〜第1話〜NFTとメタバースとVR世界と…… メタバースって結局なんなんだ?

記事のタグ
ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング