Image by: FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN
Image by: FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN

Art知ったか脱却メタバース入門

【知ったか脱却メタバース入門】〜最終話〜ファッションとメタバースの関係性、できることとできないこと

 突如話題になった「NFT」について、今さら聞けない基本知識からファッションの親和性までをわかりやすくお届けした連載「知ったか脱却NFT入門」。今回FASHIONSNAPでは、スピンオフ企画として近年注目を集めている「メタバース」にフォーカスを当てた「知ったか脱却メタバース入門」を全5回に分けてお届け。前回から引き続きナビゲーターに弁護士でクリエイティブ・コモンズ・ジャパンの理事を務める永井幸輔さんと、メタバース用のNFTを製作しているメケゾー(mekezzo)さんを迎え、メタバースの気になるあれこれを聞いてみました。最終回となる今回は、ファッション業界とメタバースの親和性について。日本国内でも様々なブランドがメタバースに参入し始め、盛り上がりを見せているいま"できることとできないこと"をお二人に聞きました。

Image by: FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN
Image by: FASHIONSNAP/前田デザイン室DOTOWN
— ADの後に記事が続きます —

前回までの「知ったか脱却メタバース入門」
【知ったか脱却メタバース入門】〜第4話〜コーチェラにも登場した日本初の「メタバースNFT」って知ってる?

icon

先日、メタバース空間上で働き手を探しているという話を小耳に挟んだのですが……。

icon

ありますよ、イベントスタッフとかが多いですね。列の整理をしたり、困っている人に話しかけたり。

icon

お給料は?

icon

現実世界の銀行口座に振り込まれます。

icon

メタバース空間上だけで存在する通貨って無いんですか?

icon

ないですし、必要ないです。

「この通貨がないとデジタル上では生きてはいけません、米国通貨みたいなものです」みたいなことも一切ないです(笑)!

icon

日本国内でも様々なブランドがメタバースに参入し始めました。「ナイキ(NIKE)」が最近買収した「アーティファクト(RTFKT)」「アディダス(adidas)」も独自のメタバースへのアプローチを始めたりと、ファッション業界にも着々とメタバースブームの波がきているのかな、と。

icon

実は現状では、アバターに着用させた上でメタバース空間上をあるけるような「NFTデジタルウェア」は少ないんですよね。

icon

そういうユーティリティのあるものは、「デジタルファッション」という言い方もされますよね。

icon

それを持っていて「嬉しい」という気持ちをユーザーに持たせることが難しい、と。

icon

そうですね。メタバースで本当に「着られる」NFTが普及するのは、まだまだこれからなのではと。

icon

ウェアラブルにすることが難しいんですよね。

服を着て歩いたら生地が揺れるようなディテールをデジタル空間上で表現することは愚か、技術的に、メタバース空間で希少性のある服をアバターに着せることはハードルが高いはず。

icon

できたとしても、Aの空間では着用できるけどBの空間では着ることができないということが実際に起こり始めているんですよね。

icon

例えるなら、メタバース空間上ごとでSサイズ、Mサイズ、Lサイズの大きさの定義が違うんです。

日本ブランドのSサイズと、海外ブランドのSサイズだと同じ「Sサイズ」という表記でも全然大きさが違う、みたいな現象と近しいです。

icon

その現状を聞くとたしかに、デジタルファッションがNFTである必要も無いし、ユーティリティの創出はなかなか難しそうですね。

icon

もし現状でユーティリティが生まれそうなデジタルファッションを考えるとしたら、モデルがしっかりと着こなした服、そのアバターのための服を持つことなのかな、と。

icon

バービー人形や、リカちゃん人形のような「着せかえ人形」という形で、アバターと服を楽しむということですね。

連載を1話目から読む
【知ったか脱却メタバース入門】〜第1話〜NFTとメタバースとVR世界と…… メタバースって結局なんなんだ?

記事のタグ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング