Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle 大解剖

グルメから雑貨まで"北欧づくし" 森と湖に囲まれた「メッツァビレッジ」の楽しみ方

カヌーの自作もできる工房「Sagverk」

 メッツァビレッジではショップやレストランだけではなく、北欧文化を通じて学ぶ喜びを感じられる様々なワークショップや、北欧を連想させる豊かな自然の中で楽しめるアクティビティーを展開。スウェーデン語で「木を加工する工房」を意味する「Sagverk」ではカヌーをはじめ、家具や小物作りを体験することができます。

 フィンランド北部のラップランド地方に住む遊牧民族サーメ人に古くから伝わる伝統的な木製のマグカップ「ククサ」や、軽くねじるだけで小鳥の鳴き声を出せる「バードコール」、ゴム銃などを作る木工ワークショップを用意しています。ククサは、贈られた人は幸せになるという言い伝えがある幸運のシンボル。クリスマスのプレゼントにもオススメですよ。

 また、キット(10万〜13万5,000円)を購入すれば実際にカヌーを作ることもできます。工房使用料は1回5,000円。完成したカヌーは宮沢湖で実際に使えるので、家族や友達と製作に挑戦してみては。

 カヌー体験は、ボート乗り場・桟橋「Lippu」で。もちろんレンタルもできますよ。

 

"学ぶ喜び"体験できるワークショップ・ラーニングスペース「Craft bibliotek」

 「クラフト ビブリオテック(Craft bibliotek)」では、いくつになっても学び続ける北欧の生涯学習を着想源に、個性豊かな講師たちを招いて年齢に関係なく学ぶ喜びを感じられるワークショップを連日開催します。エッセイストの甲斐みのりとイラストレーターの福田利之を講師に迎えたスウェーデンの伝統工芸品「ダーラヘスト」の絵付け体験、菓子屋「フィーカファブリーケン(fikafabriken)」によるアイシングクッキーの会、ネイルプリンターを使用した「ツメコ(TSUME.CO)」のジェルネイル体験といった様々な企画を用意。スケジュールは公式サイトで確認できます。また、館内ではイベント告知のはがきを配布。予約不要なイベントが多いので当日参加することもできます。

 

季節感あるイベントが楽しめる催事スペース「Metsa hall」

 「メッツァホール」ではシーズンによって様々なイベントを開催。12月25日まではクリスマスシーズンにあわせて、クリスマスオーナメントや雑貨を販売する「クリマスマーケット」が行われています。ドアに飾り付けるオーナメントや、スノードーム、オルゴール、小さなツリーなどクリスマス飾りが盛り沢山。また、北欧スタイルの食器や雑貨、靴下なども販売しています。

 食からショッピング、アクティビティーまで様々なコンテンツが楽しめるメッツァビレッジ。次のページでは、クリスマスシーズンならではの期間限定の体験型イベントを紹介します。

次のページは>>チームラボによる"光の祭"、サンタクロースに会えるイベントも

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング