2019年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 注目コレクション

「ミスター・ジェントルマン」無骨で遊びあるメンズウェア発表、藤原ヒロシ参加のプロジェクトも

2019年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 オオスミタケシと吉井雄一が手掛けるメンズブランド「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」が発表した2019年秋冬コレクションは、トラッドをベースにしながらも無骨かつ遊び心のあるスタイル。また、フラグメント(fragment design)の藤原ヒロシが参加する新プロジェクトとして、"紳士と養子(息子)"の意味を持つ「MISTERGENTLEMAN & the ADOPTED SON」が始動した。

 馬具が描かれた招待状を手にショー会場に入ると、ランウェイには人工芝が敷かれていた。奥に立てられた鏡の効果で、緑の芝生が倍の広さにも見える。

 発表された新作コレクションは、ライダースやスタジャン、ダッフルコートといった、いずれも秋冬のスタンダードウェアがベース。得意のレイヤードと色使い、そして少しの違和感で、それらを新しいバランスのスタイルにまとめている。

 ユニークだったのは、ボアフリース、オーバーオール、テーラードジャケットという異なる3つのトップスを1着に仕立てたり、左右の素材が全く異なるアウターなど、巧みなドッキングのアプローチ。そして、服の前立てや袖といった一部分のみを切り取ったり、ベリーショート丈のアウターといったレイヤード専用のアイテムも。ショーの中盤には、芝生に似合う乗馬や馬具といったグラフィックや、ウエスタンのディテールが取り入れられた。

 新プロジェクト「MISTERGENTLEMAN & the ADOPTED SON」のアイテムは、ブルゾン2型。詳細はまだ明かせないが、今後さまざまな展開を広げていくという。

 4シーズン目となる「サキアス(SAKIAS)」や、「オルフィック(ORPHIC)」とのシューズ、「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」とのダウン素材のバッグなど、今回も専門ブランドとのコラボレーションが充実。毎シーズン豊富に展開されるアクセサリー類では、ジャケットの襟やベルト部分などに取り付けるタイプのマイクロミニバッグが登場した。フリスクほどのサイズ感で、遊びのある新しい提案となっている。

■ミスター・ジェントルマン:2019年秋冬コレクション全ルック
■ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング