パリ
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion 注目コレクション

【見所まとめ】新たな時代が幕を開けるパリファッションウィーク2019-20年秋冬、知っておきたい4つのトピック

パリ
Image by: FASHIONSNAP.COM

 偉大なデザイナーの死によって「一つの時代が終わった」とも言われている2月、パリでファッションウィークが開幕します。ファッション関係者だけではなく世界中がカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の追悼ムードに包まれる中、新たな時代の幕開けとなる2019-20年秋冬コレクション。どんなクリエイションが生まれるのか、開催前に4つの見所をプレビューします。ファッションウィークの日程は、現地時間で2月25日から3月5日。

— ADの後に記事が続きます —

権威あるプライズで受賞、躍進の若手

ロク(ROKH)

 公式スケジュール初日の2月25日に先陣を切るのが、初のランウェイショーを行うロンドンブランド「ロク(ROKH)」です。韓国出身でロンドンのセントラル・セント・マーチンズ卒業後、「セリーヌ(CELINE)」などのメゾンで経験を積んだロク・ファン(Rok Hwang)が2016年にスタートした新進ブランド。2018年のLVMHプライズでグランプリとなった「ダブレット(doublet)」に次ぐ特別賞を受賞したことで、知名度も一気に広がりました。ショーは25日の現地時間17時30分から。

 

デザイナー就任で新たなチャプターへ

ランバン(LANVIN)

 しばらくデザインを統括するクリエイティブディレクターのポジションが空白だった「ランバン(LANVIN)」のウィメンズは、今年に入りブルーノ・シアレッリ(Bruno Sialelli)を新たにクリエイティブディレクターに迎えることを発表。ウィメンズのショーの開催はブランドとしては1年振りとなり、ディレクターのポストだけではなく親会社や上層部の異動によりブランドビジネスの過渡期とも言われているランバンの、将来を担うコレクションになるかもしれません。

 

ニナ リッチ(NINA RICCI)

 「ニナ リッチ(NINA RICCI)」は、昨年夏にメンズブランド「ボッター(BOTTER)」を手掛けるデザイナーデュオのルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)をクリエイティブディレクターに抜擢。2018年の「LVMHプライズ」のファイナリストに選ばれ、また「イエール国際モード&写真フェスティバル」ではグランプリを受賞するなど、着実に存在感を強めている注目株です。メンズウェアのデザイナーが、ロマンチックでフェミニンな印象のニナリッチをどのように調理しランウェイで表現するのかも見所です。

 

ラコステ(LACOSTE)

 「ラコステ(LACOSTE)」は、元「ジョゼフ(Joseph)」の英国人デザイナー ルイーズ・トロッター(Louise Trotter)による初のランウェイショーを行います。トロッターは、85年にわたるラコステの歴史で初めての女性デザイナー。女性の感性で捉える新たなスポーツ×ファッションの表現に注目です。

 

日本勢がパリへ

オーラリー(AURALEE)

 第2回「FASHION PRIZE OF TOKYO」の受賞によりパリでの発表の機会を得た「オーラリー(AURALEE)」は、プレゼンテーション形式でコレクションを披露する予定。2017年には南青山に直営店を出店し、素材にこだわったベーシックなウェアはメンズ・ウィメンズ共に支持を広げています。業界内でも愛用者が多いオーラリーですが、パリの人々にはどのように映るのでしょうか。海外展開の広がりも期待されます。

 

シクラス(CYCLAS)

 前回のパリファッションウィーク期間中ミニショーを開き、今回は公式スケジュールで初めてショーを開催するのが「シクラス(CYCLAS)」。小野瀬慶子がセレクトショップ「ザ シークレットクローゼット(The SECRETCLOSET)」のオリジナルブランドとして2016年に立ち上げ、デビューからパリで発表を続けてきました。着実にステップアップし、上質な素材と品のあるスタイルが評価されています。

 

カールの面影を探して

シャネル(CHANEL)

 2月19日に85歳この世を去るまで、生涯デザイナーとしての仕事をまっとうしたカール・ラガーフェルド。35年以上にわたって「シャネル(CHANEL)」のクリエイションを統括し、常にトレンドを牽引してきました。その意思を継ぐのは、長年カールの右腕として支え続けてきたヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)。時代を代表する存在だったファッション界の伝説。今シーズンはいたるところで彼の面影を探してしまいそうです。生前にデザインを手掛けた遺作となる2019-20年秋冬コレクションは、パリファッションウィーク最終日の3月5日に発表される予定です。

 

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング