Lifestyle フォーカス

チェーンからコンビニまでカフェカップ26個を集めてみました!

Image by: Fashionsnap.com

 寒い朝やホッと一息つきたい時に飲みたくなる飲み物と言えばホットコーヒー。日本でも専門のカフェショップからファーストフード店、コンビニに至るまで様々なところでこだわりのコーヒーを飲む事ができます。そんなコーヒーといえばテイクアウトの時のカップ。スナップなどでカップを持ったセレブやアイコンがポイントとしてさりげなく持った姿がたまらなくカッコいいですよね。今回は主要なチェーンからコンビニのカフェカップまで全26店舗のカフェカップを収集。ファッションアイテムとしてのカップを見てみましょう!

全26店舗。ジャンル別に分けると、カフェチェーン店が9店舗、ファーストフード店が7店舗、その他ベーカリーやコンビニエンスストアが10店舗集まりました。
coffee-cup-img_02.jpg


今回、サイズは全て2番目に小さいサイズを購入。1サイズのみの場合はそちらを購入しました。また、メニューはコーヒーではなく女性の人気も高く私の大好きなカフェラテで頼んでいます。置いていないところはコーヒーで注文して出てきたカップを使用しています。現在はクリスマスシーズン用にカップデザインが切り替わったところもありますが、通常バージョンを集めています。

coffee-cup-img_03.jpg
見てください、こちらの紙コップの数々。これだけ揃うと壮観です。同じサイズ基準で購入しましたが、こうやって見ると色味も様々、大きさも様々です。


それではまず、カフェチェーン9店舗から紹介していきましょう。
coffeeshop_01.jpg


好きなカフェランキングでも堂々の1位を誇っている「スターバックス」から。


■スターバックス スターバックスラテ トールサイズ
coffee-cup-starbucks(sleeve_off).jpg

coffee-cup-starbucks.jpg
・素材 厚紙
・色 ホワイト×グリーン

 お洒落さんのマストカフェと言えばスタバ。スタバのカップは白ベースにおなじみのロゴマークを使ったシンプル仕様。実はこのロゴマーク、今年から社名とコーヒーの文字を抜かした新たなロゴへ変更してます。「前のロゴの方が良い!」などの意見もあり賛否両論あったようですが、グリーンのみで描かれたよりシンプルなこちらのデザインも良いですよね。ゴチャゴチャせずされどしっかりと主張するデザインはどんなシーンでもハマる万能カップと言えるでしょう。


■タリーズコーヒー カフェラテ トール
coffee-cup-tullys(sleeve_off).jpg

coffee-cup-tullys.jpg
・素材 厚紙
・色 グリーン×ブラウン×アイボリー×ブラック

 つづいてはタリーズコーヒー。深いグリーンをベースにボトムにはブラウンを取り入れています。この2色はタリーズのイメージカラーなんですね。カップ中央にはタリーズのロゴマークが入りオーセンティックな雰囲気抜群です。「今日のリーガルチェックは疲れたな」とぼやく老練な弁護士にCMで登場するクールな真木よう子さんがすっとコーヒーを差し出してくれる・・・そんな重厚な場面が想像できます。


■エクセルシオールカフェ カフェラテ Mサイズ
coffee-cup-excelsiorcaffe.jpg
・素材 厚紙(エンボス加工)
・色 オレンジ×青×白  

 こちらはエクセルシオールのカフェカップ。カップ全体には珍しく写真が印刷されており、実はこの写真よく見てみるとミルが写っています。カップに書かれている「Mi dia un caffe!(コーヒーをお願いします!)」の文字はイタリア語。写真と白い文字が絶妙にマッチしているこのカップは、どこか懐かしい雰囲気。70年代や80年代を振り返るレトロファッションに合いそうですね。

■セガフレード ザネッティ カフェ・ラテ クラシコ
coffee-cup-segafredo.jpg
・素材 厚紙
・色 白×赤×黒

 お次はセガフレードのカフェカップ。一見ずらりと並んだ文字はよく見ると、ハリウッドやローマ、香港、東京などたくさんの地名が書かれているんですね。もともとイタリア中にある、ふらりと立ち寄れるカフェ「バール」をベースにしたブランド戦略を行っているセガフレード。LEONに出てくるようなお洒落でちょいワルな雰囲気をもった男性にぜひもって頂きたい"コクまろ"カップですね。「君の出身地あるかな?」とカップを差し出せばニキータも思わず笑顔。


■カフェ・ベローチェ カフェラテ (1サイズのみ)
coffee-cup-cafe-veloche.jpg
・素材 厚紙(エンボス加工)
・色 白×赤×茶

 お次はベローチェのカップ。ブレンドコーヒーがリーズナブルでサッと飲んで出れるのが特徴のベローチェ。急いでいるがコーヒーがどうしても飲みたくなる朝。ベローチェに行けば、手頃な価格でコーヒーを提供してくれるので助かりますね。カップは白をベースに赤いロゴラインが入り、文字も多めのデザイン。エンボス加工の素材を使用しているカップ表面のデコボコで、急いでいる朝の手元も滑らず安心ですよ。朝いつも急ぎ気味の制服姿に似合いますね。


■べックスコーヒーショップ カフェ・ラテ Mサイズ
coffee-cup-becks.jpg
・素材 厚紙(エンボス加工)
・色 えんじ色×白

 こちらは「駅カフェ」と名高いベックスのカフェカップ。使用しているのはベックスのイメージカラーのえんじ色。大きなロゴマークの下を見てみると、「Carefully selected beans Fresh ground and brewed For each and every cup」とこだわりが書いてあります。それよりも、ベックスのロゴをみていると、2010年の水嶋ヒロさんや向井理さん主演でおなじみの青春映画「BECK」を想像してしまいます。ロックスタイルに合わせると「もしかして」と深読みを誘えるかもしれませんね。


■カフェ・ド・クリエ カフェラテ トール
coffee-cup-cafe-de-crie.jpg
・素材 厚紙(エンボス加工)
・色 白×オレンジ×緑

 白がベースになっているカフェ・ド・クリエのカップ。こちらはオレンジと緑のデザインがカジュアルで、さわやかさを感じさせます。字体のフェミニンな雰囲気も洒落ていますね。場所は南青山。マダム達が犬を連れ、オープニングテラスのカフェでランチを楽しむ・・・こちらは淑女の昼下がりに似合いそう。

■ドトールコーヒー カフェ・ラテ Mサイズ
coffee-cup-doutor.jpg
・素材 厚紙(エンボス加工)
・色 白×黒×黄色

 リーズナブルで日本のコーヒーチェーンとして知名度抜群のドトール。こちらも白をベースカラーとしています。ロゴはコーヒー豆になっていて、かわいいですね。黄色のポップな雰囲気は残しつつも、白ベースに黒が主体のため甘さは感じさせず全体でみると割と引き締まった印象です。キャッチコピーは「がんばる人の、がんばらない時間。」と、どっちやねん的なツッコミが入りそうですがお疲れのサラリーマンにはもってこいですね。コーヒー豆だけじゃなく、サイドメニューもお客の声を反映させて改良を重ねているみたいですよ。


■上島珈琲店 無糖ミルク珈琲 Mサイズ
coffee-cup-ueshima-coffee.jpg
・素材 厚紙(エンボス加工)
・色 ペールピンク×茶色

 カフェチェーンの最後を飾るのは、唯一"コーヒー"を漢字表記する、上島珈琲店。お店のアイデンティティを表しているという"漢字ロゴ"は、UCCの創業者である上島忠雄の自筆書体を進化させたオリジナル。レトロな印象の正方形のロゴもUCCの原点に立ち返るという思いから漢字を使用しているそう。UCCグループでは上島珈琲店と並ぶコーヒショップとして珈琲館がありますね。硬派なイメージがあるので人よりも一歩上を行くお洒落を楽しみたい方におすすめのカップです。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング