プラダ 2022年秋冬ウィメンズコレクション
プラダ 2022年秋冬ウィメンズコレクション
Image by: PRADA

Fashion注目コレクション

女性たちの過去と未来をつなぐ「プラダ」 2022年秋冬ウィメンズコレクション

 「プラダ(PRADA)」が、ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とラフ・シモンズ(Raf Simons)の共同クリエイティブディレクターによる、2022年秋冬ウィメンズコレクションのフィジカルショーを発表した。会場となったのは、ミラノ・プラダ財団(Fondazione Prada)。ピンクのネオンに照らされたSF風のトンネルが、オリーブグリーンの絨毯が敷かれたランウェイへと続く。音楽に、80年代ニューウェーブを代表するデペッシュ・モード(Depeche Mode)を取り入れていたのも印象的だ。

プラダ 2022年秋冬メンズコレクション

メンズのショーもSF風の空間演出に
パワーショルダーで労働服を格上げした「プラダ」メンズ22AW 10人の俳優がモデルに

プラダ 2022年秋冬ウィメンズコレクション Image by PRADA
プラダ 2022年秋冬ウィメンズコレクション
Image by: PRADA
— ADの後に記事が続きます —

■女性たちの歴史にフォーカス

 今回のテーマは「AN IDEOLOGY OF PRADA(イデオロギー・オブ・プラダ)」。「人間性への憧憬と省察」という、メゾンの思想体系を表したものだ。ショーの開催前、公式インスタグラムにはモデルたちの幼少期の写真や映像が公開された。これは過去と現在を繋ぎ、女性たちの歴史を構成するというコンセプトによるもの。幼い頃のケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)がスケートを楽しむキュートな姿も映し出された。

■どこまでもシンプルなタンクトップを主役に

 コレクションのキーアイテムとなったのは、プラダのトライアングルロゴを胸元にあしらった白いタンクトップ。そこにシアーな膝下のペンシルスカートを合わせ、意外性に満ちたスタイリングを披露した。

 また、コートのテーラリングにイヴニングウェアの要素を織り交ぜ、彫刻的なフォルムを演出。フェイクファーやフェザーをあしらったコートや、オーバーサイズのMA-1ジャケットも、斬新なプロポーションを生み出していた。

■削ぎ落とした中に光る、プラダらしい味付け

 色味を抑えたメイクアップと、きっちりとまとめ上げたヘアスタイルで、モデルたちはどこかアンドロジナスな雰囲気。だが、透け感のあるレイヤードスタイルや、何層にも連なるチェーンのネックレスなどがプラダ流のフェミニ二ティを体現している。

 また、トライアングル型のハンドバッグや幾何学模様のニットなど、プラダらしいアクセントは健在だ。

■歴代のプラダモデルがランウェイに復帰

 ランウェイにはリヤ・ケベデ(Liya Kebede)、エリン・オコナー(Erin O'Connor)、ハンネロール・ナッツ(Hannelore Knuts)といった40代のベテラン勢を起用。

 オープニングにはカイア・ ガーバー (Kaia Gerber)、クロージングには人気ドラマ『Euphoria(ユーフォリア)』に出演するトランスジェンダーのハンター・シェイファー(Hunter Schafer)が登場するなど、世代を超えたイットガールたちの共演も話題に。メゾンのアーカイヴを未来へと再構築し、すベての女性のヒストリーを祝福する力強いコレクションとなった。

PRADA 2022年秋冬

全ルックを見る
PRADA 2022年秋冬ウィメンズコレクション

辻 富由子 (Fuyuko Tsuji)

セントラル・セント・マーティンズ出身。モード誌の編集者、通信社のニュース記者を経て、フリーランスのファッションエディター/ライターとして独立。ファッション以外では、現代アートやフィギュアスケートについての記事執筆もこなす。

    最新の関連記事
    Realtime

    現在の人気記事

      次の記事を探す

      Ranking Top 10

      アクセスランキング