sacai 2021年春夏メンズコレクション/2021年プレスプリングウィメンズコレクション
Video by: sacai

Fashion注目コレクション

サカイが伝える平和・愛・団結のメッセージ――パーソナルでリアルな21年春夏メンズ&プレスプリングコレクション

sacai 2021年春夏メンズコレクション/2021年プレスプリングウィメンズコレクション Image by sacai
sacai 2021年春夏メンズコレクション/2021年プレスプリングウィメンズコレクション
Image by: sacai

 阿部千登勢が手掛ける「サカイ(sacai)」が、2021年春夏メンズコレクションと2021年プレスプリングコレクションをショートフィルムとルックブックで発表した。テーマの「Love Over Rules」には、平和・愛・団結のメッセージが込められているという。

 サカイは今シーズン、通常はパリで行っているメンズコレクションとウィメンズプレコレクションのショーを中止。オンライン開催に変更された7月上旬のパリコレには、ブランド独自の発表を行うため参加していなかった。フィルムでの発表はブランド初の試みとなる。

 コレクションテーマとなった「Love Over Rules」は、アメリカのコンセプチュアルアーティスト ハンク・ウィリス・トーマス(Hank Willis Thomas)の作品名。殺害されたいとこへのオマージュとして最期に残した言葉を用いたアートワークで、サンフランシスコの市内にパブリックアートとして設置されている。サカイは今シーズン、人種・文化・セクシュアリティといった既存のルールや境界線を超え、抗ってきた人々からインスピレーションを受け、コレクションを通じて「Love Over Rules」のメッセージを伝える。

アウターの裏地にプリントされている「LOVE OVER RULES」のロゴ。ルック画像では裏返しで着用している。

 メッセージロゴはメンズアウターの裏地にプリントしたほか、ハンク・ウィリス・トーマスがサカイのために新たに制作したという「LOVEOVERRULES」のワンワードのロゴは、カットソーのプリントや、袖口、裾、パンツのポケットなどに施された。また、同氏の作品にも見られるグラフィックパッチワークの手法は、サカイのアーカイブファブリックを再利用して組み合わせるアプローチに転換。「レインスプーナー(Reyn Spooner)」のバンダナ柄や「ペンドルトン(PENDLETON)」の象徴的モチーフを含む、過去の様々なプリントパターンをミックスしている。また、これまでのコレクションを見つめ直しながら、トレンチコートやMA-1、スーツといったオーセンティックなデザインを切り取って再構築することで、予想外の組み合わせにより新たなものを作り出すブランドのDNAを掘り下げた。

 さらに、阿部が今年3月から自宅で多くの時間を過ごしていたことも、コレクションに反映されている。自分自身と向き合う時間の中で、ブランドを始めた頃のようにリアルでパーソナル、身近なものや好きなものでコレクションを構成する考えに至ったという。ルックブックにもパーソナルな感覚を取り入れ、阿部自身が普段から愛用している「ナイキ(NIKE)」のレギンスや「アー・ペー・セー(A.P.C.)」のデニムパンツを新作にミックスしてスタイリング。今シーズンは特にライトな素材使いが多く、着やすさやリアリティを感じさせるラインナップとなっている。

 バッグの新作として、アーカイブファブリックのパッチワークを用いたトートバッグやネックレスタイプのミニバッグ、サニタイザーホルダー付きのショルダーバッグなどを発表。「ポーター(PORTER)」とのコラボレーションでは、ミニサイズのシリーズが好評だという。シューズでは、人気の高いナイキとのコラボレーションを継続。2020年秋冬コレクションで初登場した「ヴェイパーワッフル(VaporWaffle)」の新色と、新作モデル「ブレザー LOW(Blazer Low)」が発表された。

 約2分半のショートフィルムはKDDIとWARPとの共同制作で、新作コレクションの撮影スタジオをバックステージごと映したようなリアリティのある構成。ワンカットでモデルの自然な姿やスタッフの様子が捉えられている。阿部をはじめ、クリエイティブディレクターの源馬大輔、スタイリストの渡辺康裕、またナイキのフレイザー・クック(Fraser Cooke)といったブランドに関わる人物の姿も。音楽としてドラムを担当しているのはmabanua。最後には「In honor of our ancestors who taught us that above all, Love Over Rules.」のメッセージが流れ、テーマでもある「Love Over Rules」を教えてくれたという先人たちに敬意を表した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング