お買いモノ

ウォータープルーフや敏感肌向けも、日焼け止めに関する基本知識とおすすめ11選

 夏の必須アイテムである日焼け止め。なんとなく価格で選んだり、数値や言葉の意味もよくわからず購入したりしていませんか?正しい知識を身につけ選び方がわかれば、自分のライフスタイルや肌質に合った日焼け止めが見つかるはず。日焼け止めに関する基本知識と、シーンや用途別でおすすめの商品をご紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

日焼け止めの基本知識

・紫外線の種類:紫外線には大きく分けて紫外線A波と紫外線B波の2種類があります。

〈紫外線A波〉肌の奥深くまで届き、DNAを傷つけたりコラーゲンを破壊したりと、シワやたるみといった肌老化の原因に。
〈紫外線B波〉肌表面に炎症を起こし、メラニン色素の生成を促します。過剰に作られたメラニン色素はやがて色素沈着し、シミやそばかすに姿を変えるのです。

・PA:プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略。主に紫外線A波を防止してくれる数値を示します。++++、+++、++、+の4段階があり、+の数が大きいほど効果は高くなります。紫外線A波は、夏だけでなく1年中降り注いでいます。オールシーズン使うアイテムを探している際には、このPAに注目しておきましょう。

・SPF:サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。主に紫外線B波を防止してくれる数値を示します。よく見かけるSPF30、SPF50などの表記は、紫外線が当たりだしてから日焼けし始めるまでの時間を、SPF30なら30倍、SPF50なら50倍遅らせることができるという意味。日焼けし始めるまでの時間は個人差がありますが、だいたい15〜20分と言われているので、SPF30の場合450〜600分ほど日焼け開始のタイミングを遅らせることができるということです。

 日焼け止めは出かける前に一回塗ればOKというわけではありません。汗や皮脂、摩擦によってその効果はどんどん落ちていくので、こまめな塗り直しが必要不可欠です。

とにかく日焼けしたくない方や、レジャーやアウトドアシーンに

 肌のキメの隙間にもいきわたりミクロレベルの隙間まで塗りムラを防ぐ「ミクロUVカットカプセル」が採用された「ビオレ(Biore)」のアクアリッチ ウォータリエッセンス。SPFとPAの数値も文句なし、ウォータープルーフ、贅沢に使える大容量と、夏のアクティビティに最適です。

 「アネッサ(ANESSA)」のこちらの日焼け止めは、紫外線の防止効果はもちろんスキンケア成分50%配合で肌への優しさも大きな魅力。また汗や水にふれると、UVブロック膜が強くなる「アクアブースター技術」が備えられています。

 「アリィー(ALLIE)」の日焼け止めは、みずみずしいジェルタイプで夏に気を抜きがちな保湿効果も抜群。汗や水、さらに摩擦に強く、落ちにくいので海やプール、フェスなどのシーンでも安心して使用できます。

 紫外線は容赦無く水中にも降り注ぎます。"海でも絶対焼かない"ことにこだわった「ナルク(NALC)」の日焼け止めジェルは、水に濡れても再乳化せず、流れ落ちにくい日焼け止めを実現。界面活性剤やパラベンなどを使用せず、紫外線をしっかりカットしながら肌への優しさも考慮された商品です。

 SPF50+、PA++++、スーパーウォータープルーフと日焼け止めとしての機能も抜群ながら、肌をトーンアップし透明感を引き出してくれる女性に嬉しい商品。光を反射し立体的にツヤめくストロボパールを配合したラベンダーカラーが、ふんわりとした白肌に導きます。

使用後もさらっとした肌触りを保ちたい方

 こちらの商品は直塗りスティックで、手を汚さず外出先でも塗りやすいのが特徴。ひと塗りでしっかり肌に密着しつつ、ベタつかずさらさらとした快適な肌に導きます。

 スプレータイプの日焼け止めはその軽いつけ心地はもちろん、メイクの上から使えるのが嬉しいポイント。SPFとPAの数値も高く、スプレーでもしっかりと肌を日差しから守ってくれます。

 スーパーヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、アミノ酸、コラーゲンの4つの潤い成分を含み、水のようなつけ心地が特徴的な「スキンアクア(SKIN AQUA)」の日焼け止めジェル。塗った直後から肌に馴染み、潤いながらもするするとした心地よい肌触りに。

肌荒れが気になる方、敏感肌の方

 無香料、無着色、アルコールフリーなど、赤ちゃんの肌にも使えるほど低刺激に作られている「キュレル(Curel)」のUVエッセンス。乾燥性敏感肌に不足しがちなセラミドを守りつつ補い、肌荒れを防いでくれます。

 「ラロッシュポゼ(La Roche-Posay)」の日焼け止めスプレーは、粒子の細かいミストが肌に均一に広がりムラなく塗ることができます。軽いつけ心地ですが、使用後しっとりと肌が潤う感じが敏感肌の人にぴったり。

 「オルビス(ORBIS)」の日焼け止めは、肌への優しさにこだわり、きしみや乾燥感のない気持ちのいい感触を実現。素肌に近い仕上がりで敏感肌の方や子供にもおすすめしたい商品です。

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング