お買いモノ

美肌への一番の近道!絶対焼かない人の日焼け対策事情

 美肌の一番の秘訣はなんといっても紫外線対策です。「日焼け対策はまだ大丈夫」や「おうちで過ごすから日焼け止めは塗らなくていい」という方も要注意。5月はすでに真夏並みの紫外線量が降り注いでおり、お部屋や車の室内で過ごしていても日焼け止めは必須です。今回は日焼け止めが苦手な方、敏感肌やお肌が弱い方も安心して使える低刺激でツヤ肌を実現してくれる日焼け止め下地から、ここ数年定番化している飲む日焼け止めサプリなど即ゲットしたいアイテムをご紹介します。

— ADの後に記事が続きます —

肌の底力を上げるためには「SPF」だけじゃなく「PA」にも注目

 肌の表面への紫外線(UV-B)ダメージを防ぐ指標が「SPF」。50を最大値としてそれ以上は50+と表示されています。しかし、肌の底力を上げたい人は「PA」の+の数にも注目してください。肌のハリやシミに直接影響する紫外線(UV-A)をブロックする指標として「PA」は+の数で分類されており、PA++++が最高値で表示されています。UV-Aは、近年美容マニアが注目する真皮層まで影響を及ぼします。真皮層はコラーゲンを生成するアンチエイジングに大事な機能を持っており、ケアすることで肌の老化を防げます。逆に紫外線対策を怠ると、肌の老化の原因にも......!日常生活ではSPF20、PA++以上、アウトドアへ出かける際は、SPF50+、PA++++のプロダクを心掛け、紫外線ダメージからしっかり肌を守ることが大事です。

アイテム紹介

ベースメイクで日焼け対策

 ニューヨーク発のヴィーガンスキンケアブランド「アウェイク(Awake)」。SPF50、PA++++としっかり日焼け対策しながらスキンケア効果も同時に期待できるのがCCクリームのいいところ。色付きなので、普段のベースメイクはこの一本で仕上がります。しっかりメイクをしたい日も量を足せばカバー力を発揮してくれる、日常使いに最適のアイテムです。

 元祖日焼け止め下地と言っていいほど信頼度抜群の「ラロッシュポゼ(La Roche-Posay)」。無色のプロダクトもありますが、肌トーンをアップしたい方はこちらのローズカラーがおすすめ。PM2.5を含む外的要因からお肌を守ってくれて、石鹸で落とせるのも嬉しく筆者は4本目のリピート中です。

 大人気の「ファミュ(FEMMUE)」。無色ながら肌をしっかりトーンアップしてくれます。もちろん100%自然成分由来なので、お肌の休息日にはこれ一本を薄く塗って過ごすのもアリ。なんといってもSPF50、PA+++にはめずらしいお花の香りに癒されます。

関連記事
気になる韓国スキンケアブランド Vol.3 <ファミュ>

 お肌をとことんツヤ仕上げにしたいときの味方はやっぱり「エトヴォス(ETVOS)」。SPF31、PA+++と室内で過ごす日には十分の数値です。ツヤ肌づくりの化粧下地としてすでに人気のこのアイテム、ヒト型セラミドなどの美容成分が配合されているのはさすが。お肌に負担をかけたくない日や敏感肌の人にはかなりおすすめです。

お化粧直しと日焼け対策を同時に叶える便利アイテム

 日焼け止めは小まめな塗り直しが必要わかっているけど面倒だし、白浮きしてしまう…などの悩みを一気に解決してくれるのがこちら。スポンジ付きのアイテムは日焼けしやすい鼻筋や頬骨などにポンポンとするだけで、指を使わず塗り直しが出来ちゃいます。夏のお化粧直しに持ち歩きたいマストアイテムです。

 SPF50、PA+++、スキンケア成分配合のスティックタイプファンデーションは100%天然由来の「ナチュラグラッセ」。こちらも先ほど紹介した「エムアイエムシー」同様化粧直しの際に活躍します。パウダータイプとの違いはカバー力があるので、しっかりメイクをしたい時にはこちらがおすすめです。

サプリでインナーから日焼け対策

 ドメスティックブランドの飲む日焼け止めサプリといえばこちら。もちろん常用可能ですが、アウトドアやここぞという際には必ず服用したい効果抜群お値打ちサプリです。

 ヘリオケアとの違いは効果に時間がかかることですが、飲み続けていれば少し日焼け止めを塗るのも忘れても焼けにくくなったかもと実感しています。日焼け止めサプリとしてはコスパも良く、なにより安定して日焼けしにくい肌になるのが嬉しいポイントです。

※内服薬の効果は個人あり

体も顔も使える日焼け止め

 SPF50、PA++++とアウトドアのお出かけにもしっかり対応してくれるスプレータイプの日焼け止め。急いでいる時に、さっとスプレーするだけというお手軽さが非常に便利です。カバンの中や車に常備しておきたいマストアイテム。

 敏感肌の方にオススメのオーガニックの日焼け止め。SPF43、PA++と日常生活では十分とされる数値のアイテムです。日焼け止めにはめずらしいポンプ式なので、玄関に置いて出かける前にワンプッシュを習慣に塗り忘れを防止しましょう。石鹸で落とせる日焼け止めを探している方にもおすすめです。

 「シンクベイビー(Think baby)」と名前通り赤ちゃんも安心して使用できる成分が人気のSPF50+日焼け止め。大容量低価格というコスパの良さでも人気を誇るアイテムです。

 オーガニック派の方にはすでに人気を誇る「バジャー(BADGER)」の日焼け止め。携帯しやすいコンパクトなスティックタイプをチョイスしました。かわいいパッケージと程よいバニラの香りが人気のアイテムです。

アフターサンケア

 日焼けしてしまった肌はアフターケアが非常に重要。アロエには日焼けして火照った肌を鎮静させる効果もあるので、日焼け後にはぜひ取り入れてほしい一手間です。ジェルタイプなので全身に素早く簡単に塗れちゃいます。

 医学的な見解を何度も聞いて日焼け対策の重要性は認識しているものの、ふとした瞬間ついつい忘れてしまいがち。周りの友人や知人でも美容クリニックへ通っているわけではないのになぜか美肌…そのワケを探ると共通することは、やはり日常的に日焼け止め習慣があったということ。室内で過ごすことが多くなりそうですが、サボらず日焼け対策をして美肌を手に入れましょう。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング