Fashiondissect

【体験レポ】国内唯一の路面型免税店「Tギャラリア 沖縄 by DFS」に行ってみた

— ADの後に記事が続きます —


 「TOD'S(トッズ)」
x-t-gallaria-20140426_105.jpg

x-t-gallaria-20140426_085.jpg

 エリアの中央には非免税の「GODIVA(ゴディバ)」カフェがあります。ショッピングで疲れたらこちらで一休み。
x-t-gallaria-20140426_090.jpg

x-t-gallaria-20140426_079.jpg

 ちなみに免税店の仕組みですが、Wikipediaには下記のように解説されています。

出国手続きの終了後の空港内から入国手続き終了後までの間で商品を購入する場合、税法上はどこの国にも属さない(=税金がかからない)とされ、高額の税金がかかるウイスキーなどの酒類(酒税)やタバコ(たばこ税)、香水(関税)などを、税金を一切含まない価格(場合によっては市価の半額以下)で購入できるため、国際線の出国手続き後の空港内には必ず免税店が存在し、安い酒類などの購入者でごった返している。・・・なお、こうした免税店(「市内免税店」といわれることが多い)では、お土産品など一部の商品を除き、購入した品物をその場で手にすることはできず、購入証明書が手渡された上、空港の出港審査場を通ったあとのエリアにある引換所で、購入した品物を受け取ることになる。また、購入の際にはパスポートと、出国のための航空券の呈示が必要である(ただし、Eチケットが普及した現在では、出国日時と出国空港、便名を申告することで航空券呈示の代わりとしていることも多い)。

 なるほど。ちなみに路面型免税店という特殊な店舗となる「Tギャラリア 沖縄 by DFS」では、免税店舗の商品は空港での受け取りになります。旅行最終日まで荷物を持たなくて済む利点がありますね。


 5月に日本で唯一の旗艦店となる表参道店をオープンした「CÉLINE(セリーヌ)」ではバッグや小物が展開されています。
x-t-gallaria-20140426_075.jpg

 ブランドを代表するアイテム「Luggage」の取り扱いもあります。
x-t-gallaria-20140426_076.jpg

 「Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ)」
x-t-gallaria-20140426_074.jpg

 様々なブランドの宝飾品が並ぶ「WATCH & JEWELRY」。落ち着いた店内なのでゆっくりショッピングを楽しむことができます。
x-t-gallaria-20140426_073.jpg

 「OMEGA(オメガ)」
x-t-gallaria-20140426_072.jpg

 「MARC BY MARC JACOBS(マーク バイ マーク ジェイコブス)」。DFS限定トートバックも販売されています。
x-t-gallaria-20140426_068.jpg

 「kate spade new york(ケイト・スペード ニューヨーク)」
x-t-gallaria-20140426_064.jpg

x-t-gallaria-20140426_065.jpg

 「MICHAEL KORS(マイケル・コース)」
x-t-gallaria-20140426_063.jpg

 「Chloé(クロエ)」
x-t-gallaria-20140426_060.jpg

 「SEE BY CHLOÉ(シー バイ クロエ)」も出店しています。
x-t-gallaria-20140426_053.jpg

 「TUMI(トゥミ)」
x-t-gallaria-20140426_050.jpg


 次のページは>>リニューアルで新しく導入されたサービス

記事のタグ
ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング