Fashion インタビュー・対談

【インタビュー】visvim中村ヒロキに聞くものづくりとウィメンズライン

デザイナー中村ヒロキ
デザイナー中村ヒロキ
Image by: Fashionsnap.com

 「visvim(ビズビム)」のデザイナー中村ヒロキが、ウィメンズライン「WMV(ダブリュー エム ブイ)」をスタートした。「visvim」の立ち上げから14年目、メンズにおいて徹底したものづくりを貫いてきた中村が、なぜ今新たにウィメンズラインをスタートさせたのか?合同開催された「visvim」と「WMV」の2014年春夏コレクションの展示会で、「visvim」のものづくりとウィメンズライン「WMV」への想い、そして今後の展望を中村に聞いた。

— ADの後に記事が続きます —

14年前、靴作りからスタートした「visvim」

―「visvim」を立ち上げたきっかけは?

 「靴を作ろう」と思ったのがきっかけです。まだメーカーに務めていた29歳の頃、ものをつくるなら形として残っていくような、意味のあることがしたかった。当時はインディペンデントな靴メーカーはなかったし、靴だと作り込むことができるんじゃないかと思って始めました。最初は手探りの状態でしたね。でも当時、東京ではインディペンデントを応援するようなムードもあって、周りの人達に助けられながら続けることが出来ました。自分のやり方や「ものづくり」のベースが確立されたのはその頃です。

visvim-interview-2013-07-24-20130724_049.jpg

visvim 2014年春夏コレクション展示会会場

―「visvim」を最初に発表したのは?

 最初の展示会は、カフェの一角の小さいスペース。そしてグループショーに誘われてパリにも出展したんですが、3足ぐらいしか売れませんでしたね(笑)。でもその頃を思い返すと、今こうして同じ志の人たちとものを作り続けていられることが幸せに感じますね。

―2009年からは本格的にパリで展示会を続けていますが反応は?

 ブランドを始めて1年目から数店舗で取り扱ってもらえて、それがじわじわと広がっている感じです。ランウェイ形式のショーをやらず、展示会という方法である程度の規模感で見せているカジュアルなブランドは他にないんじゃないでしょうか。うちならではのスタイルだと思っています。

visvim-interview-2013-07-24-20130724_019.jpg

―スタート時から「ものづくり」に変化はありましたか?

 当初から「どうやったら履き心地の良い靴が作れるのか」「どうやったら後にも残っていくものが作れるのか」ということを追求し続けているので、あまり変わっていませんね。ただ、その掘り下げ方は徐々に深くなっているかもしれません。元々、軽いものよりもウェイトがあるもの、そして意味のあるものの方が興味があるので、ヴィンテージや手づくりのものには自然と魅かれてしまいますね。それも僕が10代の頃から変わっていない、ものづくりに対する思いの1つです。

―ヴィンテージからインスピレーションを得ることが多い?

 インスピレーションを得るというよりも、ヴィンテージに対して「自分がどの点を面白く感じたか」ということをシェアしている感覚ですね。例えば昔の民族衣装に魅かれた時には、その時代や衣裳を分析したり、どこが魅力的に感じるのかを考えたりすることがヒントになっています。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング