ブランド

Max Mara

マックスマーラ

Max Mara

「マックスマーラ」とは?——アイコンコートの歴史、創業のきっかけからブランド名の由来まで

1951年にイタリアのレッジョ・エミリアで、アキーレ・マラモッティ(Achille Maramotti)が創業。アキーレは、曾祖母がオーダーメイドの高級婦人服店を経営し、母が洋裁学校を設立するなど、ファッションと密接な関係にある家系に生まれる。40代まで弁護士として働いた後に、コートを専門にしたファッション・ビジネスを構想。「男性用のコートを女性のためのアイコニックなアイテムに生まれ変わらせること」を使命に、イタリアのテーラリング技術とトレンドを融合させて、オートクチュールのようなコートを大量生産できるビジネスをスタートし、1959年にはマックスマーラの工場を設立。当時のイタリアに根付いていた「ファッションは手仕事によるもの」という認識を覆し、時代の先を行く女性たちに支持されている。

Profile

プロフィール

Ian Griffithsイアン・グリフィス

イギリス・ダ―ビシャー出身。マンチェスターでアートやデザインを学んだ後に、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)に進学。1987年にRCAのプロジェクトのひとつであったマックスマーラ主催の学生向けコンテストで優勝し、同年にデザイナーとして入社。30年以上に渡りマックスマーラに携わり、ブランドの代表作である“テディベアコート”やシガレットパンツなどを世に送り出す。現在は、サヴィル・ロウ仕立てのカラフルなスーツが彼のユニフォームとなっているが、入社当時はデヴィッド・ボウイを愛するクラブキッズで、そのアバンギャルドな服装は、マックスマーラのイメージとは正反対のものだった。

    - CHARACTERISTIC ITEM -

    「マックスマーラ」を代表するアイテムは、ボリューミーなコート

    2022 リゾート コレクションで登場した「101801」コート Image by Courtesy of Max Mara
    2022 リゾート コレクションで登場した「101801」コート Image by Courtesy of Max Mara
    2022 リゾート コレクションで登場した「テディベアコート」 Image by Courtesy of Max Mara
    2022 リゾート コレクションで登場した「テディベアコート」 Image by Courtesy of Max Mara

     マックスマーラを象徴するのが、1981年にフランス人のクチュリエ、アンヌ・マリー・ベレッタ(Anne Marie Beretta)によってデザインされたウールカシミア製のコート「101801」。艶やかな生地や大ぶりな襟が圧倒的な存在感を放つアイテムは、ブランドのベストセラーとなった。現在もアップデートされ続け、タイムレスなイメージを象徴するアイテムとなっている。

     さらに、2013年に発売されて瞬く間にニューアイコンとなったのが「テディベアコート」。ビッグボリュームながら軽やかなエコファー素材のコートは、1980年代に登場したアイテムを現代にリバイバルしたもの。カリーヌ・ロワトフェルドやキム・カーダシアン、リタ・オラをはじめとする、名立たるセレブリティが愛用している。

    Max Mara 2022年リゾート

    関連記事
    Max Mara

    - NAME -

    ブランド名の由来は、幼少期のニックネーム

     「マックスマーラ」は、創業者アキーレ・マラモッティの幼少期のニックネームであり、パワフルな女性を連想する"MAX"と、ファミリーネームの「Maramotti」を掛け合わせた造語が由来になったと言われている。

    - PERSON -

    歴代デザイナーには、カール・ラガーフェルドも

     マックスマーラでは、過去にカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)や、「クロエ(Chloe)」などを手掛けたギー・ポーラン(Guy Paulin)、「モスキーノ(Moschino)」のフランコ・モスキーノ(Francisco Moschino)など、数々の著名デザイナーを起用してきた。しかし、同社には「あくまでもブランドが主役」という理念があるため、実はカール・ラガーフェルドなどの大物デザイナーが手掛けていることが、後で明らかになったというエピソードもあるという。

    - OTHERS -

    バリエーション豊富な派生ブランド

    スポーツマックス2021年リゾートコレクション Image by SPORTMAX
    スポーツマックス2021年リゾートコレクション Image by SPORTMAX

     現在、マックスマーラ ジャパンが、主に小売や卸を手掛けるのは、通称"白タグ"と呼ばれるメインブランドの「マックスマーラ」、トレンド感と遊び心を加えた「スポーツマックス(SPORTMAX)」、「リュクス感のあるリアルクローズ」をコンセプトにした「ウィークエンド マックスマーラ(Weekend Max Mara)」、フェミニンなテイストの「マックスマーラ ステュディオ(Max Mara Studio)」、ダウンジャケットにフォーカスした「ザ キューブ(Max Mara The Cube)」など。イタリア本国では、「マックスマーラ・ブライダル」など、さらに多くのラインを展開している。

     「マックス & コー(MAX&Co.)」も元々は、1986年にマックスマーラのディフュージョン・ラインとしてスタート。現在は、マックスアンドコー ジャパンが輸入・小売販売を行う。

    SPORTMAX 2021年プレフォール

    関連記事
    SPORTMAX

    - MAIN SHOP -

    日本での主な取扱店は、青山の旗艦店

     「マックスマーラ」をフルラインナップで取り揃えるのは、青山の旗艦店、銀座三丁目店、玉川店など。全国の有名百貨店にも数多く出店し、さまざまなオケージョンにエレガントな大人の女性のワードローブとして支持されている。

    - COLLECTION -

    「マックスマーラ」の2021年秋冬コレクション

    2021年秋冬コレクション Image by Max Mara
    2021年秋冬コレクション Image by Max Mara
    2021年秋冬コレクション Image by Max Mara
    2021年秋冬コレクション Image by Max Mara

     イタリアのアクセントを効かせたブリティッシュスタイル。2021年秋冬は、創業70周年を迎えるアニバーサリーコレクションとして、ブランドの原点に立ち返った。エッセンシャルなアイテムとしてフィーチャーされたのは、ボンバーシルエットのコートやマルチポケットをあしらったアルパカ製のジャケットなど。それらにオーバーサイズのアランニットやグラフィカルなタータンチェックのパネルスカートなどを合わせて、"アーバン×カントリー"なスタイルを完成させた。トレードマークのキャメルヘアー素材は、今季キルティングジャケットとして登場。

    主要年表

    【2021年】
    創立70周年を記念して、7人のアーティストによる7種のTシャツコレクション「7 for 70」を発売。

    【2019年】
    アイウェアを手掛けるマルコリングループが、マックスマーラ・ファッショングループが手掛ける「スポーツマックス」と独占ライセンス契約

    【2016年】
    日本では、三井物産がマックスマーラ ジャパンを連結子会社化。
    上海でプレゼンテーション「2016 Monopolis!」が開催。

    【2015年】
    「マックス マーラ」青山店がリニューアルオープン
    ニューアイコン「テディベアコート」を発表。

    【2011年】
    ドイツ、日本、中国に続いて「COATS! マックスマーラ、イタリアファッションの55年」展をモスクワで開催。

    【2008年】
    ダウンジャケットにフォーカスしたコレクション「ザ キューブ」をスタート。

    【2007年】
    「COATS! マックスマーラ、イタリアファッションの55年」を東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催。

    【1999年】
    アウトレットショップとして、マックスマーラなどを扱う「ディフュジオーネ・テッシレ」の日本展開がスタート。

    【1994年】
    東京・青山に旗艦店をオープン。

    【1989年】
    日本では、三喜商事株式会社の子会社としてマックスマーラ ジャパンが設立。

    【1983年】
    「リュクス感のあるリアルクローズ」をコンセプトにした「ウィークエンド マックスマーラ」がスタート。

    【1981年】
    フランス人のクチュリエ、アンヌ・マリー・ベレッタにより「101801」コートが誕生。

    【1976年】
    「スポーツマックス」のショーを初開催。

    【1969年】
    個性的な表現をしたい女性のために、よりトレンドを意識したラインとして「スポーツマックス」をスタート。

    【1959年】
    「マックスマーラ」の工場を設立し、オートクチュールのようなコートをプレタポルテで量産できるシステムを確立。

    【1951年】
    イタリアのレッジョ・エミリアで、アキーレ・マラモッティが創業。

    Collection

    Max Maraのファッションショー・ルックブック

    Max Mara 2022年リゾート

    2022SS Pre-Collection

    Max Mara

    2022年プレスプリング / クルーズ

    2021AW

    Max Mara

    2021年秋冬コレクション

    2021SS

    Max Mara

    2021年春夏

    2021SS Pre-Collection

    Max Mara

    2021年プレスプリング / クルーズ

    2020 Pre-Fall

    Max Mara

    2020年プレフォール

    2020-21AW

    Max Mara

    2020-21年秋冬

    2020SS

    Max Mara

    2020年春夏

    2020SS Pre-Collection

    Max Mara

    2020年プレスプリング / クルーズ

    2019-20AW

    Max Mara

    2019-20秋冬

    2019SS

    Max Mara

    2019年春夏

    2019SS Pre-Collection

    Max Mara

    2019年プレスプリング / クルーズ

    2018-19AW

    Max Mara

    2018-19秋冬

    News

    Max Maraに関連するニュース

    「FIRE COAT」を着用しホワイトハウスを後にするナンシー・ペロシ(Andrew Harnik/Associated Press)

    米下院議長ナンシー・ペロシの赤いコートが話題に、6年前の「マックスマーラ」

     12月11日にホワイトハウスで行われたトランプ大統領との会談で、米下院議長ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)氏が着用したコートが、海外のネットで話題になっている。

    Fashion /

    Inside

    Max Maraに関連する特集・連載

    リアルな東京最旬トレンドは? 〜シースルーの次はカットアウトトップスに注目〜

     ストリートスナップから読み解く、東京の最旬トレンド。徐々に秋の訪れを感じる東京のファッションシーンでは、カットアウトトップスを取り入れたスタイリングが多く見られました。

    Fashion /

    【連載】服とあの子のはなし -マックスマーラと大人の階段-

     お馴染みのファッションアイテムを身につけた、街ゆくあの子。連載「服とあの子のはなし」では、"ブランドと女の子"にズームイン!eryのイラストと伊藤紺による妄想ストーリーをお届けします。第11回は「マックスマーラ(Max Mara)」のコート。

    Fashion /

    Collection

    Max Maraに関連するコレクション

    Post

    Max Maraに関連するポスト

    Ranking Top 10

    アクセスランキング