2019SS

Brioni

 クリエイティブディレクター ニーナ・マリア・ニーチェ(Nina-Maria Nitsche)が手掛ける「ブリオーニ(Brioni)」の2019年春夏メンズワードローブ。モデルには、ジャーナリストや建築家、外科医など一般人が起用された。

<各ルックと起用モデル>
LOOK1〜3:伊サッカー連盟会長のGabriele Gravina
LOOK4〜6:ジャーナリストのGérard Holtz
LOOK7〜9:アーティストの花房壽夫
LOOK10〜12:「ブリオーニ」チーフマスターテーラーのAngelo Petrucci
LOOK13〜17:外科医のAlberto Sr.、Gianmattia、Alberto jr. Del Genio3世代
LOOK18〜20:建築家でデザイナーのMatteo Thun
LOOK21〜22:起業家のMarco Danielli
LOOK23〜25:ギャラリストのSam Pratt
LOOK26〜28:アーティストのPaolo Canevari
LOOK29〜31:アーティストのEnzo Cucchi
LOOK32:ファッションブランドのコマーシャル部門責任者のGrace Fisherと娘のFabiolita

Image by: Anne Schönharting

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング