;

【まとめ】SNSやAIを活用、ファッションに特化したデジタルサービス8選

 ライフスタイルの多様化により、ニーズに沿った新しいファッションサービスが続々と登場。レンタルやシェアリングサービス、SNSやAIを活用したアプリでのショッピングなど、ファッションを楽しむ選択肢が広がっています。便利で手軽、時間や場所を問わずスマートフォン・PCで利用できる、ファッションに特化した8つのデジタルサービスをまとめました。

インスタ上のアイテムをAIがサーチ「チャオ」

fashionservice201709_001.jpg

アイエント 

 「チャオ(chao)」は、タレントが着用した衣装を探せるサービス「コレカウ」を運営するアイエントが開発したアプリ。インスタグラム上で"いいね!"した投稿写真から、AIを活用した画像サーチエンジンにより、欲しいアイテムをすぐに購入することができます。自身のファッションコーディネート情報をチャオのユーザーに発信できる「chaore」や、インスタグラマーのコーディネートをキュレーションする「Style Clip」、お気に入りのコーディネートをストックできる「My Clip」などの機能を搭載しています。

>> 詳細はこちら

公式サイト

人気インスタグラマーのコーデが買える「スナップ バイ アイコン」

fashionservice201709_003.jpg ファッションアプリ「アイコン(IQON)」を運営するヴァシリー(VASILY)が、今年3月から開始した新ウェブサービス。「スナップ バイ アイコン(SNAP by IQON)」は、パーソナルスタイリストやパーソナルメーキャップアドバイザーなど、フォロワー数を多く持つ60人以上の人気インスタグラマーのコーディネート写真を掲載しています。独自開発したディープラーニングによる画像解析技術を活用し、140万点以上の商品の中からコーディネートに使われている類似するアイテムをその場で購入することが可能。トップの画面では最高価格、最安価格、平均価格と価格別で3つずつアイテムが表示され、「アイテムをもっとみる」を押すとより多くの類似アイテム見ることができます。

>> 詳細はこちら

公式サイト

日本初の総合型ファッションシェアリングサービス「サスティナ」

fashionservice201709_004.jpg

画像: オムニス

 オムニス(OMNIS)が運営するファッションレンタルアプリ「サスティナ(SUSTINA)」は、今年7月に日本初の総合型ファッションシェアリングサービスにリニューアル。女性向けブランドの洋服やバッグ、アクセサリーを中心に展開してきましたが、メンズとキッズを追加し、取り扱いアイテムを拡充しました。ユーザー間で洋服の交換ができる新機能「クローゼット共有」も提供しています。

>> 詳細はこちら

公式サイト

後払い可能なレンタルサービス「エアークローゼット」

fashionservice201709_005.jpg

エアークローゼット

 「エアークローゼット(airCloset)」は、2015年2月に本格スタートした女性向けファッションレンタルサービス。月額制で、オンライン上でプロのスタイリストが選んだパーソナルスタイリングを無制限でレンタルできるプランなどを提供しています。今年2月からは、ネットプロテクションズの「NP後払い」サービスを導入。ファッションレンタル業界では初の取り組みで、商品到着後に料金を支払うこともできます。

>> 詳細はこちら

公式サイト

次のページは>>天気や気温に合わせたレコメンドサービス、男性向けレンタルサービスなど