【5分でわかる主要ニュース】スタートトゥデイ時価総額1兆円超え、おしゃれバーバー、ユナイテッドアローズ事業見直し継続...(7/30〜8/5)

 7月30日〜8月5日に掲載したニュース・インサイド記事から主要トピックをピックアップ。

■ZOZOTOWN運営スタートトゥデイ、時価総額1兆円を突破

・ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイの時価総額が8月1日、初めて1兆円を超えた。
・同日11時時点で、国内上場企業の時価総額ランキングでは124位。
・スタートトゥデイは年内にICTやIoTを活用したプライベートブランドの立ち上げを予定している。
(詳細はこちら

■インスタのストーリーズ再生回数が1番多いブランドは?

matome731_002.jpg

・インスタグラム(Instagram)が、写真や動画を24時間限定で公開できる「インスタグラム ストーリーズ(Instagram Stories)」機能の展開1周年を迎え、利用者の関連データを発表した。
・ファッションカテゴリーで再生回数が多い著名人・ブランドランキングでは「ディオール(Dior)」が10位にランクイン。
・ストーリーズは、全体の利用者の3〜4割にあたる2億5,000万人が使用している。
(詳細はこちら

■渋谷で最も高い「渋谷スクランブルスクエア」2019年開業

matome731_003.jpg

渋谷駅街区(宮益坂交差点方面より望む)画像: 渋谷駅街区共同ビル事業者

・東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄が開発している渋谷駅東口エリアの施設名称が「渋谷スクランブルスクエア(SHIBUYA SCRAMBLE SQUARE) 」に決定した。
・2019年度に開業予定の東棟は、渋谷エリア最高となる高さ約230メートル。地下7階から地上47階建て。
(詳細はこちら

■「サマンサタバサ」12歳アーティストLaraと1,000万円で契約

matome731_004.jpg

Lara 画像:サマンサタバサ

・「サマンサタバサ(Samantha Thavasa)」が、12歳の日本人アーティストのLaraとデザイナー契約を締結した。契約金は1,000万円。
・8月からLaraによるアートを用いた商品の販売を開始する。
・2005年生まれのLaraは3カ国語が堪能で、インスタグラムのフォロワー数は8万3,000人超。
(詳細はこちら

■広まる"おしゃれバーバー"「ルドロー・ブラント」が日本初上陸

matome731_005.jpg

・俳優のロバート・デ・ニーロやデザイナーのラフ・シモンズを顧客に持つニューヨーク発バーバー「ルドロー・ブラント(LUDLOW BLUNT)」が、代官山に日本1号店をオープンした。
・カフェの併設やイベントの企画を通して、理容室に付加価値をプラスした"男のコミュニティー"の場を提案している。
(詳細はこちら

■1990年生まれの伊デザイナーが考えるストリートウエアの今

matome731_006.jpg

・「セルフメイド バイ ジャンフランコ ヴィレガス(SELF MADE BY GIANFRANCO VILLEGAS)」のデザイナー ジャンフランコ・ヴィレガスが初来日。
・「売れる」という理由だけでカルチャーに精通していない人が制作することも多く、ストリートウエアの本質が失われてきていると話す。
(詳細はこちら

■「全事業聖域なし」ユナイテッドアローズが見直し継続

matome031_007.jpg

・ユナイテッドアローズが2018年3月期第1四半期決算を発表。
・連結売上高が352億2,800万円(前年同期比106.9%)、営業利益が24億3,600万円(同115.9%)、経常利益が24億8100万円(同117.4%)となりECでの売り上げ増加などを背景に増収増益となった。
・今後も「全事業聖域なし」の方針を掲げ、不採算事業の精査を継続していくという。
(詳細はこちら

最新コンテンツは以下のページから
ニュース | インサイド | ザ・ポスト | コレクション