;

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

15年秋冬メンズカジュアルヒット番付発表

アウターに集中 レディスから広がるケース目立つ

15年秋冬のメンズカジュアルヒット番付は、MA―1やライダーズジャケット、チェスターフィールドコートなど、アウターに売れ筋が集中した。いずれもレディスで先行して火がついた商品であり、カジュアル分野におけるトレンドアイテムのジェンダーレス化が進んでいる。主張の強いミリタリー系のブルゾンや着丈の長いコートがコーディネートの主役になっていることもあり、ボトムやシューズでは目立ったヒットはなく、売れ筋は分散した。

[総評]

昨年から今年春先にかけても売れたアウターがマス層に広がった。チェスターやステンカラーといった長丈コートはスニーカーやニットと合わせてクリーンに、MA―1やGジャンなど着丈の短いブルゾンはシャツやカットソーの裾を出すタテのレイヤードスタイルと、好みに合わせて選ぶ消費者が多かった。アクの強いアイテムをコーディネートに取り入れる流れもあり、古着リメークのシャツやスカジャンなども売れ始めた。

mens20151222a-1.jpg

横綱 MA-1

mens20151222-1.jpg

大関 チェスターフィールドコート

mens20151222-2.jpg