;

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

クールジャパン機構が米ファンドに出資、海外進出を支援

クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)は創業間もないベンチャー企業への投資(シード投資)を行う米国のベンチャーキャピタル「500スタートアップス」の日本部門が運営する投資ファンドに、1000万ドルを上限とする出資を決めた。これにより、海外市場を目指すベンチャー企業への投資を開始し、成長企業の増加と持続的発展に貢献する方針だ。

(矢野剛)

シード投資は一般的なベンチャー投資と比較して、リスク特性や必要な支援などの観点で性質が異なる。クールジャパン機構はファンドを通じて、創業段階にある企業への資金需要に応えていく。

500スタートアップスは米国ベンチャーの本場、シリコンバレーに本社を置き「世界で最もアクティブと言われる積極的なシード投資と、世界中の多様な専門家(メンター)と連携した企業育成のエコシステムに強み」(クールジャパン機構)を持っている。

500スタートアップスは米国以外に、中南米、東南アジア、韓国、タイ、トルコで地域特化や分野別の合計13のファンドを保有。累計で60カ国・1800社以上のシード投資実績がある。資金提供に加え、起業家向け教育プログラムでベンチャー企業を育成している。同プログラムは300人以上のメンターが支え、専門的なアドバイスを提供している。また、世界20カ国以上に投資担当者を配置し、投資先の海外事業も支援している。

日本では約35社へのシード投資の実績があり、複数のベンチャー企業に対してシリコンバレーでの教育プログラムへの参加、メンターによるアドバイス、米国企業や投資家の紹介など海外展開の支援実績がある。16年2月に日系企業へのシード投資・海外展開支援の日本ファンドを組成。同時に、米国の教育プログラムのイベント開催や、米国流の最先端の投資契約書のひな型を一般無償公開するなど、日本のベンチャー市場のグローバル化を支援している。