Fashion スタイル・トレンド

パワーショルダー+ウエストマークに注目、パリコレ19年秋冬トレンドをチェック

 女性の強さを印象付けるパワーショルダー、一方で女性らしいシェイプを作るウエストマーク、そして冬に着るブライトカラーなどーーー2月25日から3月5日まで行われたパリのファッションウィークから、秋冬シーズンに向けたトレンドをチェック。装いに変化と彩りを与えてくれるトピックを紹介します。

パワーショルダーが席巻

 オーバーサイズのドロップショルダーや変形ショルダーなど"肩コンシャス"のトレンドが続く中、2019−20年秋冬シーズンのパリは「パワーショルダー」がランウェイを席巻。テーラードをはじめとする「クラシック回帰」のムードがウィメンズにも訪れていて、厚手の肩パッドでショルダーを強調したジャケットスタイルが、パワフルな女性像を印象付けます。

 パワーショルダーは「ワーキングガール」に代表される女性の強さの象徴。今シーズンの特徴として、ベルトで絞ってウエストマークするなどメリハリのあるシェイプが目立ちます。

 

広がる「アップサイクル」 

 ファッション分野で最近よく聞かれるようになった「アップサイクル」というワード。リサイクルやリユースなどと同じように使われますが、資源を再利用・再循環するだけではなく、より価値の高いモノに生まれ変わらせることを意味します。


 パリコレブランドの中でもサステナブルファッションの分野でリードする「ステラ マッカートニー(Stella McCartney)」は、ヴィンテージのTシャツを裂いてドレスピースを製作。クリップを繋げたようなデザインのピアスも目を引きました。「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド(Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood)」では、ヴィヴィアンが30年に渡って収集してきた生地をコレクションに使用。「マリーンセル(MARINE SERRE)」は、ゴミ箱から拾ってきたドレス(!)や、貝、流木、使われなくなったマイクロチップ、鍵、昔のコインといった日常品がアクセサリーや装飾に。

 サステナブルに意識を向けることが常識となりつつある今、アップサイクルの概念はさら広まりそうです。

 

グリーン、イエロー、ピンク

 シックなトーンが多い秋冬シーズンですが、パリのランウェイで目を引いたのは「グリーン」「イエロー」「ピンク」の3色。

 特に存在感を放っていたのが「グリーン」。深みのある緑から鮮やかな緑まで様々で、「ディオール(DIOR)」ではシーズンを象徴するチェック柄にもグリーンが使われていました。

 脳裏に焼きつくような鮮やかさが印象的な「フューシャピンク」は、サテンやタフタ、ファーなど、様々な素材に。クラシカルからスポーティーまで大胆に用いられています。

 秋らしいマスタードからレモンクリームのような色味まで「イエロー」もトレンドカラーの一つ。ランウェイではモノトーンやブラウン系のアイテムに合わせていて、秋冬の装いと相性が良さそうです。

 また、ネオンイエローにも注目。今シーズンはブラックライトのショー演出が多く、「サンローラン(SAINT LAURENT)」では後半、暗闇で発光するネオンカラーの行進のようなランウェイに。「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ニナリッチ(NINA RICCI)」「イッセイミヤケ(ISSEY MIYAKE)」にもネオンイエローが差し込まれ、スポーティかつモードな着こなしが披露されました。

 

アートな幾何学

 タータンチェックや格子柄、ペイズリーといった秋冬の定番柄と並んで、グラフィカルな幾何学柄が目を引きました。チェッカー柄や、シュールレアリスム的なパターン、オプアートのように見ていると目が回りそうなグラフィックはサイケデリックな雰囲気をまとっています。

「本質」を追い求めて

 そして、今シーズンのパリファッションウィークでキーワードやテーマとしてよく耳にしたのが「本質」という言葉。

 デカダンスのプロセスから着想した「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」は、純粋な服の核までそぎ落とす表現で、過飽和の時代における信頼性と本質を追い求めました。原点に立ち返ったという「アンリアレイジ(ANREALAGE)」は、身近な服の細部に目を向けて、拡大して再解釈することで新たな価値を見出しています。また、「トム ブラウン(THOM BROWNE)」のラストルックでは、スーツ、ジャケット、ネクタイ、バッグが、全てパッチワークで一着のドレスに。それぞれの手法で服そのものの形や概念にアプローチし、本質を見出そうとしています。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング