Fashion

ゾゾのPB事業が125億円の赤字見込み、ゾゾスーツの利用率が想定を下回る

プライベートブランド「ゾゾ」が昨年発売したZOZOHEAT
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するゾゾ(ZOZO)が、PB事業における通期の業績が125億円の赤字になる見込みだと発表した。年間売上高は当初計画に掲げていた200億円から30億円にとどまるという。1月31日に行われた2019年3月期第3四半期の決算説明会に登壇した前澤友作代表は「非常に情けない結果になってしまい大変申し訳ありません。繰り出す施策を通じて得たものは多かったが、125億円は高い勉強代になってしまった」と謝罪した。

— ADの後に記事が続きます —

 PB事業の赤字の要因として同社は、無料配布した「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」を使用した計測および購入率が想定を下回った点や、商品製造の遅延、クオリティー面での問題の改善に時間を要したことによる販売機会の損失などを挙げた。ゾゾスーツは今後、ビジネススーツなどのフォーマルアイテムのみでの利用にシフト。新市場での体型データ取得用など限定的な利用は継続するという。カジュアルアイテムには、ゾゾスーツで取得した100万件以上の体型ビッグデータを活用した体型予測エンジンを採用。今期末を目処に実装予定で、実装後はすべてのカジュアルアイテムがゾゾスーツなしで購入可能になる。商品数は現在開発中の靴や女性下着などを含め5〜10倍に拡充する予定で、将来的には定番ヒット商品に絞った投資に移行する。また、ユーザーからの要望が多かったキッズ向けのゾゾスーツの開発を検討しているという。

 昨年末にスタートした有料会員サービス「ゾゾアリガトー(ZOZOARIGATO)メンバーシップ」を巡り報じられている"ZOZO離れ"の実態について同社は、1月31日時点で1,255ショップ中42ショップが全商品の販売を見送っていると発表。ショップ数ベースで3.3%、前期実績の商品取扱高ベースで1.1%にあたり、業績にあたる影響は極めて軽微とする一方で、前澤社長は「ブランドさんと共に取り組んできたショップですので、1ショップでも減ってしまうのは悲しく思います」と心境を述べた。ブランド側の意見を踏まえ、2月からは価格表示の有無を選択制に変更する。割引やセールに加えて、サブスクリプションサービスとして今後も様々な会員特典の追加を予定しているという。

【関連記事】ZOZOが業績予想を下方修正、純利益は36.4%減の178億円に

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング