昨年6月に参加した「ピッティ・イマージネ・ウオモ」でのショーより
昨年6月に参加した「ピッティ・イマージネ・ウオモ」でのショーより
Image by: Salvatore Ferragamo

Fashion

「サルヴァトーレ フェラガモ」ミラノメンズファッションウィーク復帰へ、18年春夏以来

昨年6月に参加した「ピッティ・イマージネ・ウオモ」でのショーより
昨年6月に参加した「ピッティ・イマージネ・ウオモ」でのショーより
Image by: Salvatore Ferragamo

 「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」が、ミラノメンズファッションウィークに復帰する。1月12日にメンズの単独ショーを開催する予定で、2020年秋冬コレクションを発表するという。

— ADの後に記事が続きます —

 ミラノメンズファッションウィークに参加するのは、2018年春夏シーズン以来。2018-19年秋冬以降はCo-ed(男女混合)形式で新作を発表してきた。昨年6月にはブランドのアイデンティティー強化を目的に「ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo、以下ピッティ)」に参加し、クリエイティブディレクターのポール・アンドリューによる初のメンズコレクションを披露した。

 今年6月に開かれたミラノメンズファッションウィークは「プラダ(PRADA)」「ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)」「エムエスジーエム(MSGM)」といった参加常連ブランドが相次ぎ不参加を表明し、「ミラノ離れ」「メンズ離れ」が課題とされていた。これを受けて、イタリアファッション協会はサルヴァトーレ フェラガモを含む主要ブランドに参加を打診。1月のミラノメンズファッションウィークには「グッチ(GUCCI)」も復帰を予定している。

 サルヴァトーレ フェラガモCEOのミカエラ・ル・ディヴェレック・レミ氏は、「他のメイドインイタリーのトップブランドと同様に、メンズウェアで1つにまとまるべく、大きな情熱を持ってイタリアファッション協会からの招待をお受けしました。この重要なグローバルなファッションイベントに参加できることを大変嬉しく思います」とコメントしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング