ペーテル・パウル・ルーベンス  「眠る二人の子」 1612-13年頃
ペーテル・パウル・ルーベンス 「眠る二人の子」 1612-13年頃
Image by: 国立西洋美術館蔵

Art

ルーベンスや塩田千春の作品展示、「眠り」をテーマにした展覧会が東京国立近代美術館で開催

ペーテル・パウル・ルーベンス  「眠る二人の子」 1612-13年頃 Image by 国立西洋美術館蔵
ペーテル・パウル・ルーベンス 「眠る二人の子」 1612-13年頃
Image by: 国立西洋美術館蔵

 東京国立近代美術館で、展覧会「眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで」が開催される。会期は11月25日から2021年2月23日まで。

【あわせて読みたい】ル・コルビュジエ、マティス、リヒター...「窓」にまつわる作品が100点超並ぶ展覧会が開催

 同展は「眠り」をテーマに生み出された絵画や版画、素描、写真、映像などを展示。「眠り」がどのように芸術家たちの創造を駆り立てていたのかを辿り、日常への迷いや悩みへのヒントを探る。

 会場では、東京と京都にある6館の国立美術館のコレクションの中からアーティスト33名、約120点の作品が選ばれ、ロマン主義を代表する巨匠ゴヤやルーベンス、クールベ、河原温、内藤礼、塩田千春などを全7章構成で展示する。

 展示空間のグラフィックデザインはデザイナーの平野篤史が、設計デザインはトラフ建築設計事務所が手掛け、「眠り」にちなんだカーテンのような布やベッドを思わせる構造物が設置される。

【クールベから着想】ジャン・ミシェル・オトニエルがディプティックと作ったバラのフレグランス

■眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで
会期:2020年11月25日(水)〜 2021年2月23日(火・祝)
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
観覧料:一般1200円、大学生600円
※団体料金有
※18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟校の学生、教職員は無料

問合せ:050-5541-8600
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング