CosmoSkin ロゴ
CosmoSkin ロゴ
Image by: ポーラ・オルビス ホールディングス、ANA ホールディングス

Business

ポーラ・オルビスHDとANAが宇宙で使える化粧品を開発へ、2023年に商品化目指す

CosmoSkin ロゴ Image by ポーラ・オルビス ホールディングス、ANA ホールディングス
CosmoSkin ロゴ
Image by: ポーラ・オルビス ホールディングス、ANA ホールディングス

 ポーラ・オルビス ホールディングスとANA ホールディングスが、製品を共同開発するプロジェクト「CosmoSkin」を発足した。

 ポーラ・オルビスグループでは、2018年にイノベーション促進の役割を持つマルチプルインテリジェンスリサーチセンターを発足し、イノベーションの活性化などを目的に宇宙関連の取り組みを開始。ANA ホールディングスは新たな収益事業の一つとして、宇宙事業を検討する部門横断型プロジェクトを2018年に立ち上げ、宇宙旅行を始めとする宇宙輸送や衛星データ活用など新しいビジネスモデルの検討を進めている。2019年には、宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S- Booster」でポーラ・オルビスグループの企画「美肌ウェルネスツーリズム」が「ANAホールディングス賞」を受賞し、現在共同で企画の事業化検討を進めており、この連携をきっかけに今回のプロジェクトが発足した。

 プロジェクトでは「宇宙ライフを美しく快適に」をコンセプトとした製品を開発。極度に乾燥した宇宙船内の環境への対応や、地上とは異なる重力を踏まえた製品を開発することで地上生活での化粧品に革新を生むことが目標だ。また、宇宙環境での使用に向けてゴミを最小限に抑える技術を取り入れる必要があり、こうした知見が地上における資源の有効活用や再利用といったサステナビリティ向上への活用が期待できるという。

 第1弾では、宇宙で使える化粧品を共同で開発。2023年の商品化を目指す。ポーラ・オルビ スグループは肌の知見や製剤技術を活かし宇宙ライフに適した化粧品の研究開発を実施し、ANA ホールディングスは、地上よりも宇宙環境に近いといわれている航空機内を実証実験の場として提供する。

関連記事
シタテルがJAXAのビジネスプラットフォームに参画、宇宙空間でも快適な衣類を開発へ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング