Fashion HR

実は知らない「サステナブルファッション」の意味と実際の取り組み

Fashion HR

ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

フォローする:

ファッション業界のみならず、以前よりも耳にすることが多くなった「サステナブル」という言葉。あまり慣れない横文字のため、きちんとした意味がよく分かっていない、という方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな「サステナブル」の意味や、ファッション業界におけるサステナブル、私たちも日常に取り入れられるサステナブルな取り組みをご紹介します。

サステナブルとは具体的にどんな意味なの?

サステナブル(サステイナブル、サスティナブルとも表記する)とは英語の「sustainable」のことで、これは「持続可能な」と訳します。

つまり「サステナブルファッション」とは直訳すると「持続可能なファッション」のことで、ファッションの生産、流通において自然環境や社会に配慮した取り組みのことを指します。

アパレル産業は、衣類などを作る工程の中で汚染水や温室効果ガスを大量に発生させてしまいます。また、動物の皮や毛を使用することや、在庫の大量廃棄など自然環境への配慮が欠けている部分が多くありました。

また、発展途上国にて低賃金で労働をさせることなども問題視されるようになりました。

そうした問題を改善、解決すべく、2019年の主要7ヵ国首脳会議にて、ファッション業界における環境負担減を目的とする「ファッション協定」が発表されたのです。この協定には世界的有名なハイブランドやファストファッションブランドも署名し、持続可能な地球環境、社会環境のために「サステナブルファッション」が注目されるようになったのです。

アパレル業界においてのサステナブルな取り組みとは?

一口に「サステナブルな取り組み」と言っても、その内容は様々で、取り入れ方も企業によって異なります。では、アパレル業界におけるサステナブルな取り組み例をチェックしてみましょう。

動物の皮、毛を使用しない

以前はリアルのファーやレザーではないものを「フェイクファー/レザー」と呼んでいましたよね。現在では、フェイクと呼ぶ代わりに「エコファー」や「エコレザー」と呼ぶことが浸透してきました。これもサステナブルな取り組みの一例で、動物保護のために動物の皮や毛を使用していないということです。

再生利用でできた素材を使用する

近年、プラスチックごみによる自然、環境汚染に配慮する取り組みが以前に増して注目されるようになり、ペットボトルなどのプラスチックを再生させてできたリサイクル素材を使用し、製品を作るアパレル企業も増えてきました。ペットボトルは主に再生ポリエステルとして蘇りますが、ペットボトル以外では、植物系の再生レーヨンやキュプラもあります。

オーガニックコットンを使用する

オーガニックコットン、つまり無農薬のコットンを使用する企業も増えてきています。これは、農薬や化学肥料などを使わないため、地球環境だけでなく生産者の健康状態にも配慮することができます。

フェアトレードを実施すること

フェアトレードとは「公正取引」のことで、発展途上国の生産者、労働者に公平な賃金を支払い、生活環境を安定させる取り組みのことを指します。

より安い価格で消費者に商品を提供するために、主に発展途上国などの生産国にて低賃金で人員を確保しますが、それにより労働者が犠牲になってしまいます。生産性向上のために農薬が大量に使用されたり、子供が働かざるを得なかったり、正当な賃金が支払われなかったりするのです。

このように生産者にとって不利益にならないようフェアトレードを実施することも、サステナブルな取り組みの一つと言えます。

受注生産を取り入れること

受注生産とは、受注数に基づき製品を生産することです。

今までは、市場ニーズや過去の実績を基に「この製品はこのくらい販売できるだろう」という見込み生産を行っていましたが、その場合廃棄物が出てしまう可能性があります。廃棄されたものは主に焼却処分されますが、その際に出る有害物質も環境を汚染しています。

受注生産であれば、廃棄物は限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

消費者である私たちができる、「衣」におけるサステナブルな取り組みとは?

アパレル業界でのサステナブルな取り組みについてご紹介しましたが、消費者である私たちにできることは何でしょうか? 「サステナブル」とは、どこか一部の人や企業が行うことではなく、私達一人一人が問題に向き合い、以下のような5つの取り組みを実施することで大きな成果を生み出すことができます。

サステナブルを基準とした買い物をする

ご紹介したようなリサイクル生地を使用している服を購入することや、フェアトレードを実施している企業で買い物をすることもサステナブルに貢献しています。

まずは、普段買い物をする中で「この服の素材は何でできているのだろう」と考えることや「フェアトレードを実施しているのだろうか」と意識するようになることも大切な一歩です。

古着を購入する

古着を購入することは、リユースに繋がります。新品の服や小物類を購入する前に、古着屋にてお目当てのものがないかチェックしてみるのも良いでしょう。

古着には新品の衣類にはない味わい深い魅力があるので、今まで古着に興味がなかった人も目を向けてみてはいかがでしょうか。

いらなくなった服を再利用する方法を考えてみる

いらなくなった服があると、捨ててしまっていませんか?

捨てる前に、その服を再利用できる方法を考えてみましょう。例えば、友人や知人に譲ることもできますし、リサイクルショップに売ったり、寄付することもできます。また、リメイクして再利用することも可能です。「この服を廃棄物にしないためにはどうしたら良いか」を考え、行動に移してみましょう。

長く着られる服を購入する

服を購入するときに「安いから」や「トレンドだから」という理由で購入し、結局数えるほどしか着用せずに捨ててしまった、という経験はありませんか?

こうしたことを避けるためにも、買い物をする際には「長く着られるかどうか」ということに観点を置きたいです。現在自分が持っている服とマッチし、着回し幅を効かせやすいことや、時代が変わっても長く愛せるデザインかどうかを確認してみると無駄を減らすことができます。

環境への負担が少ない洗濯を実施する

合成素材や合成染料を使用した服を洗濯すると、水を汚染することに繋がってしまいます。そうした負担を少しでも減らすために、自然由来の原料を使用している洗剤を利用することもおすすめです。

これらは私たちが今すぐ実施できるサステナブルな取り組みの一例です。

日常生活を送る中で、「これは社会環境、自然環境に良いものかどうか」と考えることが癖づくようになると良いですよね。

今まであまりサステナブルについて知らなかった、考えたことがなかった、という方も、地球に生きる人間の一人として、是非取り組みに少しずつ参加してみてはいかがでしょうか。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング