伊勢丹新宿店外観
伊勢丹新宿店外観
Image by: FASHIONSNAP.COM

Business

主要百貨店12月はコロナ第3波で入店客数減少、巣ごもり需要でクリスマスケーキとおせちの売上は好調

伊勢丹新宿店外観 Image by FASHIONSNAP.COM
伊勢丹新宿店外観
Image by: FASHIONSNAP.COM

 三越伊勢丹ホールディングス、そごう・西武、J.フロント リテイリング、松屋、高島屋、エイチ・ツー・オー リテイリングの主要百貨店6社が、12月の売上(速報値)を1月4日の今日発表した。

関連記事
主要百貨店の10月売上はマイナス幅縮小 そごう・西武と高島屋は増収

— ADの後に記事が続きます —

 各社の前年同月比の売上高は、三越伊勢丹ホールディングスが11.7%減、そごう・西武が0.6%減、J.フロント リテイリング(大丸松坂屋百貨店)が17.8%減、松屋(銀座本店)がが26.7%減、高島屋が11.4%減、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店)が16.5%減だった。

 いずれも新型コロナウイルス感染症の再拡大や「Go To トラベルキャンペーン」の一時停止から入店および購買客数が減少。一方で、三越伊勢丹ホールディングスや高島屋、J.フロント リテイリング、そごう・西武では、巣ごもり需要の高まりからおせち料理やクリスマスケーキの売上が店舗とECともに堅調に推移した。エイチ・ツー・オー リテイリングではおせち料理の売上高が前年比116%増で、コロナ禍を受けて販売個数を増やした少人数用の商品が人気だったという。

 そごう・西武では衣料品の販売は振るわなかったものの、インテリアの売上が好調。三越伊勢丹やエイチ・ツー・オー リテイリングではラグジュアリーブランドのハンドバッグや靴といった高額商材の売上が前年実績を上回った。旅行や外出の機会が減ったことを受けて、クリスマスギフトや自分へのプレゼントとして購入する傾向が見られたという。

 エイチ・ツー・オー リテイリングや松屋、そごう・西武では年始の店頭営業の3密を回避することを目的に、クリアランスセールを12月から開催。福袋のEC販売を強化する百貨店も多く、エイチ・ツー・オー リテイリングではEC販売分の福袋はほぼ完売状態となった。

伊勢丹新宿店 本館

初売りをレポート
伊勢丹新宿店の初売り、開店前の行列は昨年の1割未満 クリアランスセールはECでも実施

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング