Image by: BASICKS

Fashion

森川マサノリが新ユニセックスブランド「ベイシックス」始動、白のステッチで縫製

Image by BASICKS
Image by: BASICKS

 昨年1月に「クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)」の活動休止を発表したデザイナーの森川マサノリが、新ユニセックスブランド「ベイシックス(BASICKS)」を立ち上げた。デビューコレクションは6〜7月頃にデリバリー予定。販路の詳細は現時点で未定だが、ECサイトでの販売を予定している。

関連記事
【インタビュー】クリスチャンダダの全株式をオーナー企業が売却 ブランドは存続か終了か?デザイナー森川マサノリが語る

— ADの後に記事が続きます —

 ブランド名は「basics(基本)」という単語に加え、スラングで格好悪いを意味する 「basic」、格好良いという意味の「sick」を掛け合わせた造語。「日常着の循環/アウトライン(輪郭)化」をコンセプトに、白のステッチワークで縫製したアイテムを揃える。デビューコレクションでは、レザージャケット(5万9000円)やデニムジャケット(2万7000円)、シャツ(2万3000円〜)、Tシャツ(8800円〜)、パンツ(2万円〜/いずれも税別、参考価格)など39型をラインナップする予定。多くのアイテムにオーガニックかつサステナブルな素材を採用した。

こちらもチェック
クリスチャンダダ出身デザイナーがウィメンズブランド「フェティコ」始動 フェティッシュな魅力を引き出す

■ベイシックス:公式サイト

東京ファッションクロニクル
著: 渡辺 明日香
メーカー: 青幻舎
価格: ¥2,000(2021/03/09現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング