三陽商会のロゴ
三陽商会のロゴ
Image by: FASHIONSNAP

Business

三陽商会21年2月期は最終赤字50億円、特別損失計上で赤字幅拡大

三陽商会のロゴ Image by FASHIONSNAP
三陽商会のロゴ
Image by: FASHIONSNAP

 三陽商会が2021年2月期(2020年3月1日〜2021年2月28日)の連結業績を発表した。売上高は379億3900万円(前年同期は688億6800万円)、営業損益は89億1300万円の赤字(同28億7500万円の赤字)、経常損益は90億3600万円の赤字(同28億9900万円の赤字)、親会社に帰属する当期純損益は49億8800万円の赤字(同26億8500万円の赤字)となり、2016年度から5期連続で赤字決算となった。(※2020年2月期は決算期変更に伴う14ヶ月の変則決算)

三陽商会 大江伸治社長

関連記事
【トップに聞く 2021】三陽商会 大江伸治社長 ラブレスの不振は「素人遊びの結果だ」

— ADの後に記事が続きます —

 今期は新型コロナウイルスの影響に伴う臨時休業や営業時間の短縮、外出自粛、インバウンド需要の低迷といった影響を大きく受けた。EC販路の強化といった様々な施策を推進し、下半期以降はセールの多用などにより売上高は概ね計画を達成したが、売上総利益は計画比87.4%の145億1000万円となった。また、事業構造改革費用連結子会社ルビー・グループの全株式売却に係る関連損失など、昨年10月の業績予想公表時に見込んでいなかった特別損失14億8000万円を計上し、赤字幅が拡大した。

 今後については、事業改善を目的に新たに掲げる再生プランを引き続き推進。2022年2月期の通期業績予想は売上高440億円、営業利益1億円とし、黒字化の実現をボトムラインの目標とする。

 なお、代表取締役兼副社長執行役員の中山雅之氏は5月28日の開催予定の定時株主総会およびその後の取締役会における決議を経て、代表権のない取締役兼副社長執行役員に就く。

関連記事
三陽商会の中山雅之社長がわずか4ヶ月で退任へ、2年で黒字化目指す再生プラン発表

2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日
著: 福田 稔
ブランド: 東洋経済新報社
メーカー: 東洋経済新報社
価格: ¥1,760(2021/04/14現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング