tsuhanshinbun

アテニアの越境ECが好調、中国の売上高は3倍に

通販新聞

日本唯一の通販市場の週刊専門紙

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

 アテニアの越境ECが好調だ。越境ECを行う中国の現地売上高は、前年比約3倍で推移する。5月には中国市場で人気の高いリキッドタイプのクレンジングを発売。クレンジング市場でシェア拡大を目指す。アジア圏での展開も加速する。

 中国向け越境ECは、「天猫国際(Tmall Global」「網易考拉海購(Kaola)」「小紅書(Red)」「京東(JD)」の4店舗で展開する。アットコスメや近鉄百貨店、楽天のEC店舗も活用する。

 オイルタイプの主力クレンジング「スキンクリア クレンズ オイル」が高い支持を得ており、昨年のW11では、1カ月で15万本を販売。「天猫国際」のクレンジング部門で売り上げ3位を獲得している。

 一方で、オイルタイプは「流してもぬるつきがある」「さっぱりしたいからダブル洗顔する」などの声もある。中国では、リキッドタイプのシェアも高い。クレンジング市場であらなるシェア拡大を図るため、5月にリキッドタイプのクレンジングを発売する。リキッドタイプの取り扱いは初めてになる。

 「スキンクリア クレンズ アクア アロマタイプ」(=画像、税込1870円)は、水とオイルを混ぜ合わせる独自の処方技術「アクアマーブル処方」を採用。濃いメークや頑固な皮脂汚れを浮き上がらせるオイルのクレンジング力を維持しつつ、とろみ感のある水ベースの処方で洗いあがりのみずみずしさとの両立を目指した。技術は、ファンケルグループで特許を取得している。また、くすみの原因になる夏の過剰な皮脂分泌を抑える、「芍桃蘇エキス」(芍薬、桃仁、紫蘇の抽出エキス)、ニキビや炎症抑制が期待できる「宇治茶エキス」を配合した。

 国内は、数量限定で通販、直営店で展開。中国向け越境ECは、通年の定番商品として展開していく。

 中国向け越境ECは、18年10月にテストを開始。19年8月に本格化した。

 現在、62SKU(3月末時点)を展開。新規プラットフォームへの出店による販路拡大、商品数の増加で事業拡大を目指す。

 海外は、米国や台湾でもテストを開始している。今年度中にアジア圏における展開加速に向けた準備を進める。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング