高橋らら
高橋らら

Fashion

森下璃子による新ブランド「ドロシー ヘンドリックス」始動、グラフィックは娘の高橋ららと共同デザイン

高橋らら
高橋らら

 元モデルの森下璃子が、新ブランド「ドロシー ヘンドリックス(Dorothy Hendricks)」を立ち上げた。1~4歳児用をメインとした子ども服と、大人の日常着を提案。デザインを森下璃子が担当し、グラフィックは娘でモデルの高橋ららと共同で手掛ける。

— ADの後に記事が続きます —

 森下は1996年に上京し、「シュプール(SPUR)」や「キューティ(CUTiE)」といったファッション誌をはじめ、資生堂ディグニータなどの広告でモデルとして活躍。1999年に「アンダーカバー(UNDERCOVER)」のデザイナー高橋盾と結婚後、2002年に高橋ららを、2007年に男児を出産した。育児に専念するためモデルは引退しており、アンダーカバーのキッズラインのデザインを高橋盾と共に手掛けた。

 新ブランドは「オズの魔法使い」に登場するドロシーと、好きなものの一つヘンドリックス(Hendricks)を組み合わせて命名。育児を経験した中で、日本の子ども服がシンプルなデザインが多いと感じたことからカラーリングなどに趣向を凝らしたポップなキッズウェアを展開する。大人用では、森下自身が普段から欲しいと思っているアイテムを製作。メンズスタイルを好むことからユニセックスで提案する。

 ファーストコレクションでは、定番アイテムとして展開予定の6型を製作。キッズウェアはロンパース(7700円)、Tシャツ(4950円)、レギンス(4950円)を揃え、大人用ではプリントTシャツ(8800円)やコットンショーツ(3630円)、ロングスリーブTシャツ(7700円)、エプロン(7700円)をラインナップする。公式オンラインストア限定で取り扱い、5月1日から販売を開始。今後は毎月2〜3アイテム程度の新作を発表していくという。

関連記事
高橋ららがパリコレデビュー、「オフ-ホワイト」のショーを歩く

■ドロシー ヘンドリックス:公式オンラインストア

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング