©︎デビッド・シムズ
©︎デビッド・シムズ

Beauty

「ザラ」初のビューティライン誕生、130以上の色展開で多様な美を提案

©︎デビッド・シムズ
©︎デビッド・シムズ

 「ザラ(ZARA)」が、ブランド初のビューティライン「ザラ ビューティ(ZARA BEAUTY)」を5月13日に発売する。これまでザラではリップスティックなど単品でメイクアイテムを販売したことはあったが、コレクションが揃うのは初めて。日本では新宿店と公式オンラインサイトで取り扱う。

— ADの後に記事が続きます —

 ビューティラインのディレクターには、「マーク ジェイコブス ビューティー(MARC JACOBS BEAUTY)」を手掛けたメーキャップアーティスト ダイアン・ケンダル(Diane Kendal)を起用。18ヶ月かけて開発したという。ザラのビューティ部門を率いるエヴァ・ロペス・ロペス(Eva Lopez-Lopez)はダイアンについて、「私たちは肌の色、性別、年齢を問わず、誰もが使える包括的なビューティラインを作ることを目指していました。ダイアンも同じヴィジョンを持っていたので、共に仕事をするのに最適な人だと思ったのです」とコメントしている。

ダイアン・ケンダルのインタビューもチェック
誰でも似合う色が見つかることが大事ーー「ザラ ビューティ」ディレクターがカラバリ130色以上の理由を語る

 コンセプトは「There is no beauty, only beauties」。幅広いユーザーが楽しめるよう、デビューコレクション全アイテムのカラーバリエーションとして130色以上を揃える。クルエルティフリーかつ環境にも配慮した高品質なアイテムを開発し、ほぼ全てがレフィル可能などサステナブルな作りになっている。パッケージデザインはファビアン・バロン(Fabien Baron)が率いるクリエイティブエージェンシー「Baron & Baron」が担当し、ザラのタイポグラフィ「Z」のモチーフをインスピレーション源にしたエレガントな雰囲気にデザインしたという。デビューコレクションでは、リップ6種類、アイメイク4種類、フェイスカラー4種類、ネイル39色、ブラシ6種類をラインナップする。

 リップアイテムからは、パウダリーな塗り心地で高発色の「アルティマット リップスティック」(14色、各2290、レフィル1390円)や、クリーミーなテクスチャーの「カルトサテンリップスティック」(8色、各2290円、レフィル1390円)、スリムなペンシル型のケースに収めた「スティレットデミマットリップスティック」(10色、各1790円、レフィル1190円)、リキッドが唇に密着する「ベルベット ピグメントリップグロス」(4色、各1790円)、軽い付け心地の「ティントバームリップスティック」(5色、各2290円、レフィル1390円)、グロスのような輝きの「ナリッシング ジェリー リップオイル」(4色、各1790円)が登場する。

 アイシャドウは6色入りの「アイカラー イン 6 アイシャドウ パレット」(5種類、各3590円、レフィル2590円)をはじめ、2色セット「アイカラー イン 2 アイシャドウ デュオ」(9種類、各2290円、レフィル790円※1色単位)、メタリックなルースパウダー「メタルフォイル ルース ピグメント」(4色、各1790円)、「アイライナー」(1色、1590円、レフィル990円)を発売。フェイスカラーでは3色入りの「チークカラー イン 3 パレット」(3種類、各3590円、レフィル3色セット2590円、単色990円)、ベースメイクに陰影を与える「フェイスカラー イン 1 ブロンザー」(9色、各2990円、レフィル トレー付き2290円、カラーのみ1390円)、ブラッシュ(9色、各1590円、レフィル990円)、ハイライター(2色、各1590円、レフィル990円)が揃う。オンラインストアでは、バーチャルでのタッチアップサービスで色を試すことができる。

 「ネイルポリッシュ」(39色、各1190円)は天然由来成分を配合し、爪への圧迫感を抑えた自然な付け心地を実現した。レッド系、ブルー系、オレンジ、ピンク、グリーンなど多様なカラーを展開する。ブラシはフェイスパウダー向け(2590円)やアイシャドウブラシ(1190円/いずれも税込)などを販売する。

 キャンペーンヴィジュアルはファビアン・バロンのほか、スティーブン・マイゼル(Steven Meisel)、デビッド・シムズ(David Sims)、マリリン・ミンター(Marilyn Minter)、オリバー・ハドリー・ピーチ(Oliver Hadlee Pearch)、ゾーイ・ガートナー(Zoë Ghertner)、クレイグ・マクディーン(Craig McDean)、ナディーン・イジャウェ(Nadine Ijewere)、マリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)の9人のクリエイターを起用。それぞれの解釈でビューティを表現したという。

 エヴァ・ロペスはコロナ禍での開発を振り返り、「これだけ多くの製品をリフィル可能なパッケージにすることはとても困難でした。マスカラはローンチに間に合わなかったのですが、今後ガラス製のパッケージで登場する予定」と話している。このほか、50色ほどで展開するファンデーション、カラースティックなども計画中だという。

【kemioが挑戦! Vol.1】ザラ ビューティを使ったナチュラルメイクをレクチャー

【kemioが挑戦! Vol.2】パンク風のルックにもトライ、今すぐ試したい裏技も

■ZARA BEAUTY取り扱い店舗
・ザラ 新宿
東京都新宿区新宿3-27-10
オンラインストア

■問い合わせ先
contact.jp@zara.com

LDK the Beauty (エル・ディー・ケー ザ ビューティー)2021年5月号 [雑誌]
編集: LDK the Beauty編集部
メーカー: 晋遊舎
発売日: 2021/03/22
価格: ¥621(2021/04/26現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング