OMOHARAREAL

「シンシアブルー」「ザ・バーン」にサステナブルシーフードのグルメバーガー登場

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

“持続可能な漁業”を考える期間限定メニュー

(2021/06/08)

表参道&原宿エリアでサステナブルをテーマに掲げる2つのレストラン「Sincère BLUE(シンシアブルー)」「The Burn(ザ・バーン)」にて、ノルウェーシーフードを使ったグルメバーガー「Sバーガー」を期間限定で提供している。

Sバーガーとはノルウェー水産物審議会が推進するサステナブルプロジェクト「Select S」の一環として企画されたもの。「サステナブル(Sustainable)」「シーフード(Seafood)」「サーモン(Salmon)」 「サバ(Saba)」の頭文字「S」が由来となっており、ノルウェーが半世紀以上にわたり国を挙げて取り組んでいる“持続可能な漁業”によって獲られたサーモンとサバをメインの食材として使用している。

シンシアブルーは2020年秋にオープンした食専門の商業施設「JINGUMAE COMICHI」内のレストラン。今回はオーナーシェフの石井真介氏、料理長の吉原誠人氏によって「ノルウェー産サーモンのタルタルバーガー」「ノルウェー産サバ味噌オランデーズバーガー」の2種類が生み出された。いずれもわさび、味噌、春菊、ガリなど和の要素を組み合わせており、一口ごとに驚きが広がるだろう。

ザ・バーンは青山にあり、ニューヨークスタイルでグリル料理を提供するお店。サステナブルに生産された肉、魚介、オーガニック野菜などを香ばしく焼き上げ、シンプルな味付けで提供している。今回エグゼクティブ・シェフの米澤文雄氏が考案したのは「フィレオノルウェーサーモンバーガー ハーブとヨーグルトのレリッシュソース」。ヨーグルト、ハーブ、ライムジュースで作ったレリッシュなど初夏らしい爽やかさを感じられる一品だ。

外苑前で伊藤忠商事が手掛ける「エシカルコンビニ」をはじめ、表参道&原宿ではアップサイクル、ロスフラワー、海洋プラスチックゴミなどに関する取り組みを見聞きする機会が多くなっている。これらのキーワードにまだあまり馴染みがないという人も、まずは“美味しく食べる”ところからサステナブルに触れてみてはいかがだろう。

■概要サステナブルバーガー「Sバーガー」

【Sincère BLUE】提供期間:2021年6月4日(金)〜30日(水)住所:東京都渋谷区神宮前1-23-26 JINGUMAE COMICHI 2F電話番号:03-6434-0703提供時間:平日ランチタイム 12:00〜14:00(LO13:30)定休日:月曜価格:ノルウェー産サーモンのタルタルバーガー ¥1,650(税込) / ノルウェー産サバ味噌オランデーズバーガー ¥1,500(税込)

【The Burn】提供期間:2021年6月4日(金)〜18日(金)住所:東京都港区北青山1-2-3 青山ビルヂング B1F電話番号:03-6812-9390提供時間:平日ランチタイム 11:30〜14:30(LO13:30)定休日:月曜価格:フィレオノルウェーサーモンバーガー ハーブとヨーグルトのレリッシュソース  ¥1,650(税込)

>>EDITOR’S VOICESバーガー提供店の一つ「Sincere BLUE(シンシアブルー)」はミシュランガイド東京で一つ星を獲得したフレンチ「Sincere」の新業態。サステナブルシーフードのほか、傷みやすさなどの理由で流通しなかった“未利用魚”を使い創造性あふれる料理を作っている。訪れればきっと、魚料理の新たな魅力に触れられるはずだ。

Text:Natsuno Aizawa

INFORMATION

営業時間店舗により異なる。詳細は本文概要欄参照

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング