ファーストリテイリングが目指す「新しい服のビジネスモデル」全体像
ファーストリテイリングが目指す「新しい服のビジネスモデル」全体像
Image by: ファーストリテイリング

Business

約50%をリサイクル素材などに切り替え、ファーストリテイリングが2030年度目標を発表

 ファーストリテイリングが、サステナビリティに関する2030年度目標と具体的なアクションプランを発表した。「情報製造小売業」の実現に向けた経営改革「有明プロジェクト」と連動して、服の生産から輸送、販売まですべてのプロセスで環境負荷の少ないモノづくりの実現を目指す。

ファーストリテイリングが目指す「新しい服のビジネスモデル」全体像 Image by ファーストリテイリング
ファーストリテイリングが目指す「新しい服のビジネスモデル」全体像
Image by: ファーストリテイリング
— ADの後に記事が続きます —

 同社は、「自社領域」「サプライチェーン領域」「商品領域」の3つの分野における2030年度までの達成目標を設定。自社領域では「2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で90%削減」、サプライチェーン領域では「2030年度までに温室効果ガス排出量を2019年度比で20%削減」を目標に掲げた。

 商品領域では達成目標として、2030年度までに全使用素材の約50%をリサイクル素材などに切り替えることを発表。「ユニクロ(UNIQLO)」では2019年以降、段階的にリサイクル素材の導入を推進し、2021年秋冬シーズンには、全ポリエステル素材の約15%を回収ペットボトルから再生したリサイクル素材へ切り替えた。今後、レーヨンやナイロンなどといった化学繊維から段階的に環境負荷の低い素材を導入していくという。

 ファーストリテイリンググループの柳井康治上席執行役員は、今後の取り組みに関して「お客様に長く愛用いただける服を提供することは、私たちが長年追求してきた事業の目的そのものです。環境問題など深刻な地球規模の課題が顕在化する今、この考え方を進化させ、これまでにない服のあり方を世の中に提示し、持続可能な社会に貢献していく取り組みを進めていきます」とコメントしている。

ユニクロとジーユーの看板

関連記事
ファストリがグローバル展開加速 海外ユニクロ事業で130店舗純増へ

ユニクロ潜入一年 (文春文庫)
著: 横田 増生
メーカー: 文藝春秋
発売日: 2020/08/05
価格: ¥880(2021/12/02現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング