「ロンハーマン」公式フェイスブックより
「ロンハーマン」公式フェイスブックより

Business

東京オリンピックに伴う交通規制がアパレル店舗に影響、「ロンハーマン」など来店時の注意呼びかけ

「ロンハーマン」公式フェイスブックより
「ロンハーマン」公式フェイスブックより

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴い、東京都内では大規模な交通規制が敷かれた。オリンピック開会式が行われる7月23日、閉会式の8月8日、パラリンピック開会式開催日の8月24日、閉会式の9月5日は、青山通りや外苑東通りなど会場周辺の道路を中心に通行止めエリア・車両進入禁止エリア等を設ける。

美術館 テロ対策 東京オリンピック

関連記事
東京都現代美術館など都立文化施設で手荷物検査実施、オリンピック開催に伴うテロ対策

— ADの後に記事が続きます —

 競技のメイン会場となる建築家 隈研吾設計の新国立競技場(オリンピックスタジアム)は千駄ヶ谷エリアに位置しており、同エリアには「アトモス」「ループウィラー(LOOPWHEELER)」「サイ(Scye)」「カナダグース(CANADA GOOSE)」など様々なアパレルショップが営業している。

 「ロンハーマン」千駄ヶ谷店では、SNS上で交通規制に伴う来店時の注意内容を掲示。「お車でのご来店の際は、ロンハーマン千駄ヶ谷店への来店である旨お伝えいただき、警備員の指示に従っていただけますようお願いいたします」とアナウンスしている。また、千駄ヶ谷に店舗を構える「テアトラ(TEATORA)」は7月19日から8月8日までの期間、オリンピック開催に伴う混雑回避のため臨時休業を決めた。交通規制の対象エリアとなる表参道ヒルズでは、オリンピック・パラリンピックの開閉会式の開催日は、公共交通機関を利用して来店するよう促している。

 このほか、ECサイト各社では、各競技会場および周辺地域での交通規制に伴う、配送遅延が発生する場合があるとアナウンス。「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」では、一部地域で即日配送サービスの受付を一時停止するほか、交通規制の対象となる地域において注文商品や買取キットの配送・買い替え割サービスの集荷の遅延が見込まれるとしている。

関連記事
緊急事態宣言、東京都で4度目の発出 百貨店等の大型商業施設には時短営業を要請

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング