Image by: TENTIAL

Business

ウェルネスD2CブランドのTENTIALが豊島などから総額5億円を調達 ECモールを立ち上げへ

Image by TENTIAL
Image by: TENTIAL

 ウェルネスD2Cブランド「テンシャル(TENTIAL)」を展開するTENTIAL社が、豊島などを引受先とした第三者割当増資などを実施し、総額5億円を調達した。資金はD2C事業のほか、スポーツ・ウェルネス分野に特化したECモール事業の立ち上げに活用する。

— ADの後に記事が続きます —

 TENTIALは元アスリートの中西裕太郎代表取締役CEOが2018年2月に設立。D2C事業ではアスリート目線で開発したコンディショニングインソール「TENTIAL INSOLE」やリカバリーウェア「BAKUNE」などのウェルネス商品を展開している。新商品のサンダル「HAITE」は、今年5月末にクラウドファンディングサイト「マクアケ(Makuake)」で販売を開始してから1ヶ月で約1400万円の調達に成功。ECモールの構想についてはFASHIONSNAPが6月に実施した取材で"ヘルスケア版ゾゾタウン"を目指すと語っていた。

TENTIAL 中西裕太郎代表取締役CEO

関連記事
元アスリートのCEOに聞く「TENTIAL」の未来図 “ヘルスケア版ゾゾタウン”立ち上げ準備も

 今回の資金調達では複数金融機関からの融資のほか、既存投資家であるアカツキ、MTG Ventures、セゾンベンチャーズ、マネーフォワードベンチャーパートナーズに加えて、新たに豊島やナントCVC2号投資事業有限責任組合、個人投資家らが出資した。豊島とはリカバリーウェアの素材開発で協業しており、今後連携を強化するものと見られる。今回の調達により、TENTIALの2018年2月の創業以降の累計資金調達額は11億円となった。

中小企業の資金調達 大全
著: 塩見 哲
メーカー: 日本法令
発売日: 2020/12/18
価格: ¥2,750(2021/09/14現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング