Art

アンディ・ウォーホル大回顧展が京都で開催、初期から晩年の作品まで約200点を展示

 メインヴィジュアル
メインヴィジュアル

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により開幕を延期していた、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)大回顧展 「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」展が京都市京セラ美術館で開催される。会期は2022年9月17日から2023年2月12日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 同展は、ウォーホルの故郷であるアメリカ・ピッツバーグにあるアンディ・ウォーホル美術館の所蔵作品のみで構成される日本初の展覧会で、展示される約200点のうち、「三つのマリリン」、「最後の晩餐」など100点以上が日本初公開作品となる。1950年代に商業イラストレーターとして活躍していた初期の作品から、1960年代に事故や死を描いた象徴的な「死と惨事」シリーズ、アンダーグラウンド映画やテレビ番組などの映像作品、セレブリティたちの注文肖像画、そしてカトリックの生い立ちにも触れる晩年の作品までを包括的に展示。巡回は行わず、京都だけの開催となる。

Bunkamura ザ・ミュージアム フィンランドデザイン展

関連記事
「ザ・フィンランドデザイン展」が開催、ムーミン生みの親のスケッチやマリメッコのテキスタイルを紹介

■「アンディ・ウォーホル・キョウト / ANDY WARHOL KYOTO」
会期:2022年9月17日(土)〜 2023年2月12日(日)
会場:京都市京セラ美術館 新館「東山キューブ」
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町124
開館時間:10:00〜18:00 (入場は閉館の30分前)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始
公式サイト

アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 Andy Warhol: 15 Minutes Eternal
監修: 森美術館、アンディ・ウォーホル美術館
編集: 美術出版社デザインセンター
メーカー: 美術出版社
価格: ¥3,080(2021/09/16現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング