©楳図かずお
©楳図かずお

Art

楳図かずお大美術展が開催 「わたしは真悟」の続編となる27年ぶりの新作を展示

©楳図かずお
©楳図かずお

 楳図かずおの世界を体感できる展覧会「楳図かずお大美術展」が、東京シティビューで開催される。楳図かずおの「比類なき芸術性」に焦点を当て、代表作を通じて、気鋭のアーティストとともに楳図かずおの世界を表現する。会期は2022年1月28日から3月25日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 同展では、楳図かずおの先見性に満ちた代表作「漂流教室」「わたしは真悟」と「14歳」に焦点を当てた展示を行うほか、制作に4年を費やした27年ぶりの新作「ZOKU- SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館」を初公開する。1980年代に描かれた「わたしは真悟」の続編であり、同時に時空を超えたそのパラレル・ヴィジョン(並行世界)でもある同作品を、マンガとしてではなく、原画101点を連作絵画として展示。生き生きとした筆触や、吸い込まれるような色彩で表現されており、物語性を持ちながらも一枚一枚を独立して鑑賞できるものとなっているという。

 また、3組の現代アーティストが楳図作品をテーマにインスタレーションを制作。エキソニモは「わたしは真悟」を、冨安由真は「ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館」を、鴻池朋子は「14歳」をテーマにした作品を展示する。

 このほか、会場のカフェ「THE SUN & THE MOON」ではコラボメニューを用意。楳図かずおの世界観を表現したスイーツやフード、ドリンクの提供を予定している。

アンディ ウォーホル 京都 展覧会 

関連記事
アンディ・ウォーホル大回顧展が京都で開催、初期から晩年の作品まで約200点を展示

■楳図かずお大美術展
会期:2022年1月28日(金)〜3月25日(金)
会場:東京シティビュー
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52階
開館時間:10:00〜22:00(最終入館21:30)
入場料:一般 2200円/高大生 1500円/子ども4歳〜中学生 900円/ シニア(65 歳以上)1800円 ※屋内展望台入館料含む ※いずれも税込
主催:東京シティビュー、楳図かずお大美術展製作委員会
後援:六本木商店街振興組合、J-WAVE
問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)
巡回情報:大阪会場(あべのハルカス)2022年9月17日(土)〜11月20日(日)
公式サイト

14歳(フォーティーン)(1) (ビッグコミックス)
著: 楳図かずお
メーカー: 小学館
発売日: 2014/12/15
価格: ¥605(2021/11/25現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング