花王・長谷部佳宏 代表取締役 社長執行役員 /コーセー・小林一俊 代表取締役社長
花王・長谷部佳宏 代表取締役 社長執行役員 /コーセー・小林一俊 代表取締役社長
Image by: 花王/コーセー

Beauty

花王とコーセーが化粧品事業のサステナビリティ領域で協働 持続可能な社会の実現を目指す

花王・長谷部佳宏 代表取締役 社長執行役員 /コーセー・小林一俊 代表取締役社長 Image by 花王/コーセー
花王・長谷部佳宏 代表取締役 社長執行役員 /コーセー・小林一俊 代表取締役社長
Image by: 花王/コーセー

 花王とコーセーが、化粧品事業のサステナビリティ領域において包括的に協働すると発表した。競合の垣根を越え、課題解決に向け協力することで、持続可能な社会の実現を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 近年、顕在化している気候変動、資源枯渇、海洋プラスチックごみ等といった社会的課題に対し、グローバルで持続可能な社会への転換が求められており、消費者ニーズの変化にも影響を与えている。そういった中で、個々の企業の取り組みだけでは限界があるとして協働を決定。より効果的かつスピーディに成果に繋げていく。

 具体的には、環境保護・循環型社会の実現に向けた取り組み(包装容器への環境配慮素材の導入、資源循環/アップサイクル施策の共同推進、環境負荷の少ない原料調達)や、社会課題の解決に貢献する取り組み(スキンケアやUVケアなどの啓発活動および、美容分野で多様な美を尊重した啓発活動の共同推進、連携)を実施する。今後は、協働の範囲を多方面に拡大していく。

 これまで花王は、2019年4月にESG戦略「Kirei Lifestyle Plan」(キレイライフスタイルプラン)を策定し、19の重点取 り組みテーマを設定。「ESG視点でのよきモノづくり」とし、環境や社会に配慮した取り組みを強化。2021年 1月にスタートした中期経営計画「K25」では、「Sustainability as the only path」(豊かな持続的社会への道を歩む)をビジョンに掲げ、化粧品事業では2021年から事業パー パスである「Celebration of Individuality」の下、「人の数だけあるそれぞれの美」を尊重したブランド育成 を行なうとともに、包装容器に使用されるプラスチック資源の削減など、これまで以上にESG視点の「よきモ ノづくり」に着手している。

 コーセーグループは、1991年より企業メッセージ「美しい知恵 人へ、地球へ。」を掲げ、「雪肌精」で環境保全活動「SAVE the BLUE」を実施。スキンケアによるア レルギー防止やUVケアの必要性の啓発など医療との境界領域におけるQOL(Quality of Life)向上策の普及まで活動してきた。2020年4月の中長期ビジョン「VISION2026」に「バリューチェーン全体にわたるサステナビリティ戦略の推進」を掲げ、「コーセー サステナビリティ プラン」を発表。また商品の提供過程における持続可能な循環型社会づくりへの貢献に加えて、さまざまなマイノリティに配慮し“一人ひとりのきれい”を追求することで、世界中の多様な人々に受け入 れられるアダプタブルな商品やサービスの提供により、“誰一人取り残さない”社会の実現に取り組んでいる。

関連記事
神戸市が水平リサイクル実現に向けて使用済み詰め替えパックの回収を開始 花王やコーセーなどが参加

サステナブルビジネス 「持続可能性」で判断し、行動する社会へ
著: 出雲 充
メーカー: PHP研究所
発売日: 2021/01/28
価格: ¥1,500(2021/10/14現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング