Fashion

店舗で回収した衣類をリサイクルして販売 D2Cブランド「ブリング」が実店舗を恵比寿にオープン

メインヴィジュアル Image by BRING
メインヴィジュアル
Image by: BRING

 日本環境設計による服の回収からリサイクル製品の販売までを行うD2Cブランド「ブリング(BRING)」が、初の実店舗「BRING EBIS」を11月6日にオープンする。ブリングの全品番を販売するほか、不要になった衣類の回収を常時行う。

— ADの後に記事が続きます —

 同店には、店頭で回収した衣類品を自社工場でケミカルリサイクルし、再び店頭で販売するサーキュラーエコノミーを実装。オリジナルの再生ポリエステル「BRING Material」を使用した「DRYCOTTONY Long sleeve T-shirt」(5830円)や、「DRYCOTTONY Sweat pants」(9130円)、「Permanent ANORACK」(2万8600円/いずれも税込)をラインナップする。

 回収対象の衣料品はブランド不問で、持ち込む前の洗濯が必要。カバンや靴、帽子、手袋、アクセサリーは品質保証ラベルにブリングのハチのマークが印字されている場合のみ受け付ける。オープン記念として衣料品を持ち込むと、即日使用できる10%オフのクーポンが配布される。店舗では今後、他ブランドとのコラボレーションアイテムの販売や、ポップアップなども実施する予定だという。

古着買取 ブリング オーサム

関連記事
古着買取のブリングから新業態、クロムハーツとエルメスのコラボライダースなど販売

■BRING EBIS
オープン日:2021年11月6日(土)
営業日時:金曜日 13:00〜19:00、土・日曜日 12:00〜19:30
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-9-8 大澤ビル1階

公式サイト

サーキュラーエコノミー実践 オランダに探るビジネスモデル
著: 安居昭博
メーカー: 学芸出版社
発売日: 2021/06/25
価格: ¥2,376(2021/10/28現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング