Sports

デサントが水沢ダウンの新作「アルパイン」を発表、皮膚と呼吸をイメージしたハイパフォーマンスモデル

 「デサント(DESCENTE)」が、水沢ダウンの新作モデルとしてアスリート向けハイパフォーマンスモデル「アルパイン(ALPINE)」を発表した。日本では、世界に先駆け12月20日から数量限定で先行販売。DESCENTE TOKYOで11月30日から、DESCENTE BLANC梅田と公式オンラインストアでは12月3日から予約販売を受け付ける。

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 アルパインは、1954年からスキーウェアを開発してきた同ブランドがアイデンティティである「ハイパフォーマンス&プレミアムクオリティ」にこだわって水沢工場で製造。北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会でスイスのアルペンスキー、スペインのアルペンスキー、カナダのスキークロス、ドイツのボブスレーなどのナショナルチームのウェアに採用される。

 素材は「皮膚を持つウェア」をテーマに開発した「スキーマテック スカイ(Schematech Sky)」を使用。継ぎ目なく1枚で立体的に構成されている皮膚をイメージし、3D計測によって部分ごとに機能変化を持たせる素地技術「Schematech」を用いたほか、身体を包み込むように精巧に形成した独自のパターン設計(S.I.0)技術を取り入れたことでストレッチ性を向上させた。また、遠征の先々で異なる気候やエンドオブシーズンの寒暖差などによって何度もジッパーの開け閉めをしているアスリートからの「有機体のように呼吸するウェアがあれば」という声から開発した「スリーディー インシュレーター システム(3D Insulator System)」を採用。胸元と脇下に配したベンチレーションシステムと、ダウンが入った特殊チューブ構造によってベンチレーションの排気を促進し、余分な湿度を排出して身体をドライに保つ。フロントのジッパーはサイズ調整ができるよう2列の「デュアル ジップ アジャストメント(Dual Zip Adjustment)」で製作した。

 先行販売では、レッド、ブラック、ホワイトの3色を用意。価格は税込19万8000円で、メンズがM〜XOの4サイズ、ウィメンズがS〜Lの3サイズを展開する。

オリンピック 北京 ユニフォーム デサント

関連記事
JOCが北京2022冬季五輪の公式ウェアを発表、デザインはソチ以来となるデサントが担当

■デサント:公式サイト

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング