Image by: MIKAGE SHIN

Fashion

「ミカゲ シン」22年春夏コレクションの受注会を開催、アーカイヴも販売

 「ミカゲ シン(MIKAGE SHIN)」が、2022年春夏コレクションの受注会および、アーカイヴコレクションを扱うポップアップイベントをリステア(RESTIR)でスタートした。12月9日まで開催している。

Image by MIKAGE SHIN
Image by: MIKAGE SHIN
— ADの後に記事が続きます —

 ミカゲ シンはデザイナーの進美影がパーソンズ美術大学を卒業後、2019年10月にニューヨークで設立したブランド。2020年9月に日本で初の展示会を開催し、現在は日本を拠点に活動している。東京ファッションウィークには2021年秋冬シーズンに初参加した。

 受注会では、「分離派建築会」をキーワードに制作した2022年春夏コレクションを展開。100%リサイクルポリエステルデシンで作られたサステナブルな布地にブランドオリジナルの大理石柄をプリントした「Dual Stance Shirt」(3万7400円)や、蔦と花々をモチーフにしたハイネックのロングワンピース「Ribbon Sleeve  Carved Dress」(9万7900円)などを揃える。ポップアップでは、デビューとなる2020年秋冬コレクションで発表した変形トレンチコート「Skin Coat」(10万7800円)など、ニューヨーク時代に手掛けたアーカイヴコレクションをラインナップしている。12月4日と5日はデザイナーが来店する予定だ。

2022年春夏 コレクションレポート
ミカゲシンがイシヅカユウと歩む道は2つ、性別から分離する道/ファッションの芸術性を信じる道

■ポップアップ詳細
会場:RESTIR
住所:東京都港区赤坂9-6-17
期間:2021年12月3日(金)~12月9日(木)
デザイナー来店日:12月4日(土)、12月5日(日)
リステア公式サイト

2022年春夏コレクション全ルック
MIKAGE SHIN

2030年アパレルの未来―日本企業が半分になる日
著: 福田 稔
メーカー: 東洋経済新報社
発売日: 2019/06/21
価格: ¥1,672(2021/12/03現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング