Image by: FASHIONSNAP

Business

H&Mジャパンのルーカス・セイファート代表取締役社長が退任 5年に渡り日本と韓国を統括

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 H&Mジャパンが、現在H&M北東アジア代表取締役社長を務めるルーカス・セイファートが12月31日をもって日本での社長職を退任し、本国スウェーデンへ帰国すると発表した。後任には、スウェーデンでH&Mブランドのオムニ・リージョナライゼーションの組織変革の責任者を務めているアネタ・ポクシンスカが就任する。

— ADの後に記事が続きます —

 ルーカスは2017年2月にH&Mジャパン代表取締役社長に就任。日本と韓国を統括する現職として任務を務めてきた。今後は日本で得た経験や知識を活かして、新たな役職で組織開発、人事、企業文化、リーダーシップ、インクルージョン&ダイバーシティなどH&Mグループ全体の人材育成と働き方を統括するという。

 なお、後任のアネタの就任日は2022年1月1日となるが、日本政府による入国に関する対策により、日本への赴任日は未定となっている。

H&M イノベーション・ストーリーズ

関連記事
H&M、循環型ファッションを追求したサステナブルなコレクションを発売

ビジネスファッションルール
著: 大森ひとみ
メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日: 2014/07/28
価格: ¥1,568(2021/12/08現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング