《大学セミナー・ハウス 本館》1965 年 (撮影:北田英治、1997 年)
《大学セミナー・ハウス 本館》1965 年 (撮影:北田英治、1997 年)

Art

「アテネ・フランセ」などを手掛けた建築家 吉阪隆正の展覧会、東京都現代美術館で開催

《大学セミナー・ハウス 本館》1965 年 (撮影:北田英治、1997 年)
《大学セミナー・ハウス 本館》1965 年 (撮影:北田英治、1997 年)

 東京都現代美術館で、建築家 吉阪隆正の展覧会「吉阪隆正展 ひげから地球へ、パノラみる」が開催される。会期は3月19日から6月19日まで。吉阪の活動の全体像に触れる展示は公立美術館では初となる。

ジャン・プルーヴェ 展覧会

こちらもチェック
ジャン・プルーヴェの大規模展覧会が東京都現代美術館で開催、約100点の家具を展示

— ADの後に記事が続きます —

 吉阪隆正は戦後復興期から1980年まで活動した建築家で、考現学の創始者として知られる今和次郎やル・コルビュジエ(Le Corbusier)に師事。文部大臣芸術選奨(美術)を受賞した「ヴェネチア・ビエンナーレ日本館」や、日本建築学会賞を受賞した「アテネ・フランセ」などを手掛け、コンクリートによる彫塑的な造形を持った独特の建築で知られている。

 同展では、吉阪の生涯と建築を中心とした領域横断的な活動を、時代やテーマによって7章に構成して紹介するほか、吉阪が携わった地域計画のプロジェクトや日記、原稿、ノート、書類、写真といった個人資料を展示する。

 サブタイトル「ひげから地球へ、パノラみる」は、吉阪による造語を組み合わせたもので、地域や時代を超えて見渡すことなどを意味する「パノラみる」と、自身の表象であり等身大のスケールとしての「ひげ」、そして個から地球規模への活動の広がり、という意味を込めたという。

関連記事
ギャルソンやセリーヌも作品を使用、芸術家クリスチャン・マークレーが国内初の大規模個展を開催

■吉阪隆正展 ひげから地球へ、パノラみる
会期:2022年3月19日(土)〜6月19日(日)
休館日:月曜日(3月21日は開館)、3月22日
会場:東京都現代美術館 企画展示室 1階
住所:東京都江東区三好4-1-1
開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般1400円 / 大学生・専門学校生・65歳以上1000円 / 中高生500円 / 小学生以下無料
詳細ページ

吉阪隆正|大学セミナーハウス (MODERN MOVEMENT)
著: 齊藤祐子
編集: Echelle-1
写真: 北田英治
メーカー: 建築資料研究社
発売日: 2016/11/12
価格: ¥2,750(2022/01/06現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング