Courtesy of Dries Van Noten
Courtesy of Dries Van Noten

Beauty

「ドリス ヴァン ノッテン」のビューティラインが誕生 フレグランスとリップを発売

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」が、ビューティラインをローンチする。フレグランス(オードパルファム)とリップスティックをラインナップし、3月2日からアントワープ、パリ、ロサンゼルスといった一部のブティック、および公式サイトで販売する。なお、日本での発売時期は未定。

Courtesy of Dries Van Noten
Courtesy of Dries Van Noten
— ADの後に記事が続きます —

 ブランドはアントワープ王立美術アカデミーを卒業したドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)氏が、1986年にアントワープでスタート。同じくアントワープ王立美術アカデミーで学んだマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)やウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)マリナ・イー(Marina Yee)らと共に「アントワープ・シックス」と呼ばれる。

マルジェラ映画を語る
ファッション業界のマルジェラファン代表、UA栗野とミキオサカベが映画「マルジェラが語る"マルタン・マルジェラ"」を考察

 ドリスは、フレグランスとメイクアップの世界への第一歩を“クリエイティブなピンポン”と表現。調香師やメイクアップアーティストとのコラボレーションを楽しみ、アイデアを交換しながら商品を開発した。対比やコントラストといったメゾンのデザインコードは、フレグランスボトルとリップスティックのケースに、鮮やかな色で反映されている。

 フレグランスはドリスが愛する花や庭園が嗅覚に与える感覚やそこから生み出される感情を落とし込んだ。10種類の香りはそれぞれ別の調香師たちとコラボレーションし、多彩な香りをラインナップ。このほか、フレグランスと同様の3種類香りのクリーム、2種類の香りのソープも登場する。ファッションのアーカイヴファブリックから着想を活用したポーチも必見だ。

 メイクアップに関してドリスは、「単なる最終結果ではない」とし、ジェスチャー、習慣、ツールも同様に重要だと考えているという。4つの詰め替え可能なケースはアーカイヴのファブリックに着想を得た、色や柄、素材まで異なるこだわりのデザイン。テクスチャーはサテン15色、マット10色、シアー5色に加え、クリアバームが揃う。リップブラシのほか、伝統的な身だしなみのジェスチャーを思わせる、カーフレザーとプリントを組み合わせたファッショナブルなポシェットも販売する。

 ビューティラインの生産に関しては、エシカルな原材料の調達方法と職人の技術を守る取り組みを実施。リサイクル可能なガラスやアルミニウム、および持続可能な方法で管理された森林からのPEFC®認証の木材を用いている。さらに、フレグランスボトルとリップケースは詰め替え可能で使用後はコレクションとしても楽しめるようなデザインに仕上げた。フレグランスは85%以上が自然由来成分で、メイクアップアイテムはローズヒップオイルを贅沢に使用しているのも特徴だ。

 ドリス ヴァン ノッテンは2018年に、スペインのプーチ(PUIG)社へ株の過半数を売却し傘下に入った。プーチはファッション事業のほかビューティ事業を擁し、「クリスチャン ルブタン ビューティ(Christian Louboutin Beauty)」や「ニナ リッチ(NINA RICCI)」「コム デ ギャルソン・パルファム(COMME des GARÇONS PARFUMS)」などを手掛けている。

関連記事
プーチ、ミランダ・カーも愛用する英国発コスメブランド「シャーロット ティルブリー」を買収

FASHIONSNAPでは、ビューティ/ウェルネス専用のInstagramとTwitterも更新中。新作や最旬トレンドのほか、記事には載らない情報もお届けしています。ぜひチェックしてみてください!
■Instagram https://fsna.co/UrR
■Twitter https://fsna.co/Be8

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング