「シティポップ・グラフィックス」メインヴィジュアル
「シティポップ・グラフィックス」メインヴィジュアル
Image by: BAG-Brillia Art Gallery-

Art

シティポップの歴史を振り返る展覧会が開催 大滝詠一や山下達郎など300枚超のジャケットデザインを展示

 東京建物が、シティポップの歴史に焦点を当てた展覧会「ART in MUSIC シティポップ・グラフィックス」を京橋ビル1階の「バッグ ブリリア アート ギャラリー(BAG-Brillia Art Gallery-)」で開催する。会期は7月16日から8月14日まで。

「シティポップ・グラフィックス」メインヴィジュアル Image by BAG-Brillia Art Gallery-
「シティポップ・グラフィックス」メインヴィジュアル
Image by: BAG-Brillia Art Gallery-
— ADの後に記事が続きます —

 同展では、1970年代に日本で登場した音楽ジャンルのシティポップを日本の文化遺産としてとらえ、その歴史を330枚のレコードジャケットと共に振り返る。大滝詠一や、山下達郎、松任谷由実、竹内まりやといったアーティストのジャケットをセレクトし、「Ocean Breeze」「City Lights」「City Pop Color」といったテーマに分類して展示する。また、展示スペースの「+2」では、シティポップの象徴的なイメージを創ったとされるイラストレーターの永井博とわたせせいぞうのジークレーアート展を行うほか、アナログレコードや画集、ディスクガイドといった関連書籍を販売する。同展の監修と会場BGMの選曲は、シティポップに関する著書を持つフリーライターの栗本斉が担当した。

永井博

関連記事
仕事はメジャーでも趣味はマイナーでありたい——四半世紀にわたって描き続ける永井博の「懐かしさ」の哲学

■ART in MUSIC シティポップ・グラフィックス
会期:2022年7月16日(土)~2022年8月14日(日)
会場:BAG-Brillia Art Gallery-
住所:東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日 ※祝日の7月18日(月)は営業(翌日の7月19日は振替休)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング