Art

霧のアーティストとして知られる中谷芙二子の庭園アートプロジェクトが姫路市立美術館で開催、日比野克彦とのトークイベントも

 霧のアーティストとして知られる中谷芙二子による庭園アートプロジェクト「霧の彫刻 #47769 白鷺が飛ぶ」が、姫路市立美術館で開催される。会期は7月16日から2023年3月12日まで。

《立ち雲》雲インスタレーション #07240 グゥアル公園、ショーモンシュルロワール(フランス) 2013年 Photo by Eric Dufour
《立ち雲》雲インスタレーション #07240 グゥアル公園、ショーモンシュルロワール(フランス) 2013年 Photo by Eric Dufour
— ADの後に記事が続きます —

 中谷は1933年生まれ。アメリカの大学を卒業後、初期の絵画制作を経て、ロバート・ラウシェンバーグ(Robert Rauschenberg)らが結成した芸術と技術の実験グループ「E.A.T.」に参画した。1970年に大阪万博ペプシ館で初めて人工霧による作品「霧の彫刻」を発表して以来、世界各地で80を超える霧の作品を発表している。

 企画展は「オールひめじ・アーツ&ライフ・プロジェクト」の主要事業の1つである庭園アートプロジェクトとして開催。庭園アートプロジェクトは姫路市立美術館および美術館の庭園と姫路城からなる景観を作品化する取り組みで、中谷は2022度から2024年度まで庭園アートプロジェクトを手掛ける。初年度である今年度の企画展では、姫路城を借景として霧の彫刻を発表。タイトルの「白鷺が飛ぶ」には、未来への飛翔という願いを込めたという。霧は10時から1時間ごとに10分、30分ごとに5分、30分ごとに3分の3通りの時間に発生。また同展の開催を記念して、17日には美術館の前庭で中谷と日比野克彦によるトークイベントを実施する。

富山県美術館の展覧会で展示する藤井保が撮影した佐藤卓の遊具作品

関連記事
富山県美術館が開館5周年を記念した展覧会を開催 佐藤卓の遊具と藤井保の写真作品を展示

■庭園アートプロジェクト 中谷芙ニ子「霧の彫刻 #47769 白鷺が飛ぶ」
会場:姫路市立美術館 前庭
会期:2022年7月16日(土)〜2023年3月12日(日)
開園時間:10:00〜17:00
休園日:毎週月曜日(祝日、休日の場合を除く)
入園料:無料
主催:姫路市立美術館
※7月19日(火)、9月20日(火)、10月11日(火)、12月28日(水)〜2023年1月3日(火)、1月10日(火)は休園
※霧の発生の時間は当日の気候などで決定。
公式サイト

霧の抵抗 中谷芙二子展
著: 中谷芙二子
監修: 水戸芸術館現代美術センター
その他: 磯崎新、岡﨑乾二郎、かわなかのぶひろ、小林はくどう、萩原朔美、藤幡正樹、森岡侑士
メーカー: フィルムアート社
発売日: 2019/02/15
価格: ¥9,915(2022/07/14現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング