「ムーンアートナイト下北沢」ポスター
「ムーンアートナイト下北沢」ポスター
Image by: 小田急電鉄

Art

アートフェスティバル「ムーンアートナイト下北沢」が初開催 日本初公開の作品など展示

 小田急電鉄が、下北線路街のアートギャラリー「SRR Project Space」を運営するスタートバーンおよび下北沢商店連合会と共同でアートフェスティバル「ムーンアートナイト下北沢」を開催する。会期は今年の十五夜にあたる9月10日から25日まで。公式サイトでは企画に参加する施設や店舗、アーティスト、クリエイター、パートナー企業を募集している。

「ムーンアートナイト下北沢」ポスター Image by 小田急電鉄
「ムーンアートナイト下北沢」ポスター
Image by: 小田急電鉄
— ADの後に記事が続きます —

 ムーンアートナイト下北沢は「月」をテーマに、下北沢の街の店舗や施設とともに地域を活性化していくアートフェスティバルとして開催。同企画の賛同店舗では月をテーマにしたオリジナルメニューやコラボレーション商品などを展開する。企画に参加するアーティストやクリエイターは自主企画や作品の展示などが可能。参加アーティストや店舗、施設は独自のデジタル作品にNFTを発行して来場者に提供できるという。

 このほかアートフェスティバルのシンボルオブジェとして、イギリスのアーティスト ルーク・ジェラム(Luke Jerram)が手掛けたNASAの月面写真がベースのインスタレーション作品「Museum of the Moon」と、オーストラリアを拠点とするアーティスト アマンダ・パーラー(Amanda Parer)のウサギをモチーフにしたバルーンアート「Intrude」を日本初公開。下北線路街や北澤八幡神社などの街中に展示する。

開発された下北沢駅

関連記事
「若者の街」は原宿から下北沢に?盛り上がりを見せるカルチャーの街シモキタ

■ムーンアートナイト下北沢
会期:2022年9月10日(土)~25日(日)
場所:下北線路街、シモキタエリアの施設や店舗
※作品展示やNFT付きデジタルアートの配布時間は施設により異なる
※屋外イベントは小雨決行、雨天中止
公式サイト
参加応募フォーム

下北沢について (幻冬舎文庫)
著: 吉本ばなな
メーカー: 幻冬舎
発売日: 2019/02/07
価格: ¥523(2022/07/15現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング