Techable

六本木のビルがAR作品のキャンバスに アートギャラリー「MoAR」が一般公開

Techable

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

自分の描いた絵が動きだすアプリ「らくがきAR」を手がけたクリエイティブ・スタジオ Whatever Inc.が、新作AR作品を発表。

東京・六本木にあるコワーキングビル「WHEREVER」をキャンバスとしたデジタル作品をARで体験できる「MoAR - Museum of AR(以下、MoAR)」を2022年9月17日(土)より一般公開します。

巨大デジタルアート、アプリ不要でAR体験

「MoAR」は、建築物をキャンバスとした巨大なデジタルアート作品をARで体験できるアートギャラリー。建築物の壁面などに描かれたQRコードを読み込むだけで、アプリをダウンロードすることなく作品を体験できます。

今回はWHEREVERをキャンバスとしていますが、今後はさまざまな公共空間・建築物をキャンバスとして活用し、“街×アート×AR”の可能性を提案していく構えです。

ユニークな28作品を公開

このたびWHEREVERで体験できるのは計28作品。

看板のロゴが動きだす、巨大なモンスターが出現する、大量のゴーストを吸い込む、ビルの亀裂から巨大な目が覗くといった独自作品を展開します。

また、YOASOBIらのMVを担当した藍にいなさん、モード学園のTVCMなどを手がけた雪下まゆさん、キズナアイやAdoともコラボしているケイゴイノウエさんなど注目アーティスト24名とのコラボ作品も見逃せません。

多様なクリエイティビティが集まる2日間

「MoAR」は、9月17日(土)・18日(日)の11:00~20:00にWHEREVERで開催されるイベント「六本木なんでもデイ」の展示コンテンツとしても体験可能です。

同イベントでは、WHEREVERに集うさまざまなジャンルのクリエイターや企業がジャンルレスな表現の展示・販売を展開。映像・テクノロジー・音楽・マジックなどに関する上映やトークイベントを実施します。

MoARの作品に加えて、多様なクリエイティビティを体験したい人はこの2日間が狙い目かもしれません。

PR TIMES
「MoAR - Museum of AR」公式サイト
「六本木なんでもデイ」公式サイト

(文・Higuchi)

4色のグラフィック

関連記事
アートフェスティバル「ムーンアートナイト下北沢」が初開催 日本初公開の作品など展示

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング