《無題》(シリーズ「M/E」より)2019
《無題》(シリーズ「M/E」より)2019
Image by: 川内倫子

Art

写真家の川内倫子が国内での大規模個展を6年ぶりに開催 新作を発表

 写真家の川内倫子が、国内では約6年ぶりとなる個展「〈M/E〉」を東京オペラシティ アートギャラリーで開催する。会期は10月8日から12月18日まで。

《無題》(シリーズ「M/E」より)2019 Image by 川内倫子
《無題》(シリーズ「M/E」より)2019
Image by: 川内倫子
— ADの後に記事が続きます —

 同展は、新作シリーズ〈M/E〉を中心に展開する。〈M/E〉は「母(Mother)」と「地球(Earth)」の頭文字を続けて読むと「母なる大地(Mother Earth)」「私(Me)」となることから命名。2019年にアイスランドで撮影した写真に、コロナ禍に撮影した身近な風景写真を加えた作品と未発表作品を織り交ぜて構成する。会場では、写真作品のほか、映像作品や2018 年に出版した写真絵本「はじまりのひ」を朗読した音声を収録したサウンドを用意。空間設計は建築家の中山英之が手掛けた。

 川内倫子は、1972年滋賀県生まれ。人間や動物といった生命が持つ神秘や輝き、儚さ、力強さを表現した作品作りを行っている。2002年に「うたたね」「花火」の2冊で第27回木村伊兵衛写真賞を受賞し、2009年にICP(International Center of Photography)主催の第25回インフィニティ賞芸術部門、2013年に芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。

友沢こたおの新作個展

関連記事
友沢こたおの新作展覧会が開催、80点以上を収録した初の作品集を先行販売

関連記事
写真家オカダキサラによる「夏休み写真日記」

■川内倫子:M/E 球体の上 無限の連なり
会期:2022年10月8日(土)〜12月18日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
営業時間:11:00〜19:00(入場は18:30まで)※11月3日(木)〜6日(日)は10:00〜19:00
休館日:月曜日※祝日の場合は翌火曜日
入場料:一般 1200(1000)円/大・高生 800(600)円/中学生以下無料 ※()内は各種割引料金

うたたね
写真: 川内 倫子
メーカー: リトルモア
価格: ¥3,300(2022/08/18現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング