クロエのクラフトアイス
クロエのクラフトアイス

Fashion

神戸阪急に「クロエ」初のクラフトアイスショップとブティックが同時オープン

 ガブリエラ・ハースト(Gabriela Hearst)が手掛ける「クロエ(Chloé)」が、神戸阪急に新たなブティックと、メゾン初となるクラフトアイスショップを8月31日にオープンする。

クロエのクラフトアイス
クロエのクラフトアイス
— ADの後に記事が続きます —

 クロエは、2022年春夏コレクションにて「Chloé Craftプロジェクト」を始動。これはブランドとして、顧客とローカル生産者とのより深い繋がりを構築していくもの。インディペンデントな職人の手で作られる製品を拡大し、新たなレベルのトレーサビリティ(追跡可能性)や透明性を追求していく。

Chloé 2022年春夏

関連記事
Chloé 2022年春夏コレクション

 そういったクロエの思想を反映した新店舗が、神戸阪急 新館2階 Hankyu Mode Kobeにオープン。プロダクトおよびショップ環境共に、リサイクル素材や環境低負荷型の素材をより多く取り入れ、最高水準のデザインとクオリティを実現していくという。同店ではオープンを記念し、「Fast Girl」カプセルコレクションを展開。フォーミュラ1にインスパイアされたレディ・トゥ・ウェアやバッグ、シューズ、アクセサリーの限定コレクションが揃う、国内唯一のブティックとなる。

 さらに、クロエ神戸阪急店の向かいには、メゾン初となるクラフトアイスショップ「Chloé Le Glacier(クロエ・ル・グラシエ)」がオープン。「PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI(パティスリィ アサコ イワヤナギ)」のシェフパティシエールが監修し、東京のアトリエで製造されたクロエ・オリジナルを含む10種類のフレーバーのアイスを提供する。

 これらは、日本国内産の栗、茶、すもも、落花生など、ローカルの素材にフォーカスし、サステナブルなアプローチで開発された。それぞれのフレーバーは、Light Tan(和栗モンブラン)やFaded Green(長崎煎茶 昆布)といった、クロエメゾンで使われるカラーにちなんで名づけられている。

 クロエのAlphabetチャームをモチーフにしたチョコレートのトッピングを選ぶことも可能なので、自分のイニシャルなどを飾って楽しむこともできそうだ。オープンを記念し、LINE友だち限定で、商品の購入時にギフトが当たる特典が用意されている。

ザ・コンランショップなど非ファッションの店舗も並ぶ売り場の様子

関連記事
モードの売り場3フロア新設 「神戸阪急」大胆リモデルの狙いとは

■クロエ 神戸阪急店/クロエ・ル・グラシエ
住所: 神戸市中央区小野柄通8-1-8 神戸阪急 新館2F Hankyu Mode Kobe
電話番号:078-200-7334(クロエ 神戸阪急店)、078-200-7333(クロエ・ル・グラシエ)
営業時間:10:00~20:00 (百貨店営業時間に準ずる)
オープン:2022年8月31日

【クロエ・ル・グラシエ 10種類のフレーバー】
Caramel(キャラメル落花生)
Light Tan(和栗モンブラン)
Misty Lavender(フリュイルージュ)
Cashmere Grey(ごまカカオラスク)
Faded Green長崎煎茶 昆布)
Crystal White(マダガスカル産バニラ)
Pale Blush(すもも)
Dark Ruby(葡萄 フロマージュブラン)
Sepia Brown(チョコレートマンジャリ)
Pottery Green(ブロンテ産ピスタチオ)

■クロエ:公式サイト

フルーツアイスクリーム
著: Lovell Wright
発売日: 2022/08/17
価格: ¥401(2022/08/26現在)

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング