Image by: 神戸阪急

Fashion

神戸阪急、ビューティとファッションエリアをリニューアル

 全館改装を進める神戸阪急の本館2〜4階にビューティエリア「KOBE HANKYU BEAUTY」、新館1〜3階にグローバルブランドが出店する「Hankyu Mode Kobe」が開設される。いずれもオープン日は8月31日。

Image by 神戸阪急
Image by: 神戸阪急
— ADの後に記事が続きます —

 KOBE HANKYU BEAUTYは、売場面積約1700平方メートルの規模でオープン。2階には、本館1階から移設リニューアルする25ブランドのほか、神戸初出店となる「ナーズ(NARS)」、「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」、「メゾン クリスチャン ディオール」といったブランドを展開する。3階には、国内外のナチュラル&オーガニックのバス&ボディコスメが集結。4階では、ネイルやアイラッシュ、シェービングなどの専門性の高い施術を行うサロンが出店する。

 Hankyu Mode Kobeには、33ブランドがオープン。うち神戸エリア初出店は25ブランドで、「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」や「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のほか、「クロエ(Chloé)」が手掛ける世界初のアイスクリームショップや、バーを併設した「トム ブラウン(THOM BROWNE)」の店舗などがオープンする。

関連記事
「JR三ノ宮新駅ビル」が2029年に開業予定 高さ約160メートル

百貨店リテールブランド戦略: 消費者基点からの提言
著: 圓丸 哲麻
メーカー: 白桃書房
価格: ¥3,500(2022/08/01現在)

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング